ホーム > 定例公安委員会(平成28年11月10日(木曜日))

ここから本文です。

更新日:2016年12月12日

定例公安委員会(平成28年11月10日(木曜日))

1

(1)警察の機能強化に関する今後の方針等について

年9月7日,「鹿児島県警察の機能強化を考える懇話会」から受領した答申内容を十分に尊重し,今後,県警察の機能強化に向けた「基本計画(案)」及び「実施計画(案)」を策定し,パブリックコメント等を実施した上で,同計画を最終決定する予定である旨の報告があった。

(2)事案件について

事案件について報告があった。

(3)犯罪被害者週間」及び「犯罪被害者支援フォーラム2016inかごしま」の開催につ

罪被害者等が置かれている状況や犯罪被害者等の名誉又は生活の平穏への配慮の重要性等について県民の理解を深めるため,本年11月25日から12月1日を「犯罪被害者週間」と設定し,当該期間における集中的な啓発事業等を実施すること及び本年12月1日,鹿児島県民交流センターにおいて,公益社団法人かごしま犯罪被害者支援センター主催による「犯罪被害者支援フォーラム2016inかごしま」を開催する旨の報告があった。

(4)察事案について

察事案について報告があった。

(5)衆に不安等を覚えさせる行為の防止に関する条例の一部改正に伴うパブリックメントの実施について

衆に不安等を覚えさせる行為の防止に関する条例の制定から17年が経過し,現在の犯罪情勢に的確に対応することが困難な状況になっていることから,

  • 暴行為と卑わいな行為の明確化
  • わいな行為の類型化及び適用場所の拡充
  • きまとい行為等を8項目に類型化
  • 習者に対する罰則の強化

の改正骨子案について県警ホームページに掲載してパブリックコメントを実施し,条例改正作業の参考とする旨の報告があった。

員から

各県にも同様の条例があるのか。

旨の質疑があり,県警察から「大半の県で同様の条例がある。」旨の回答があった。

(6)トーカー規制法に基づく警告の実施について

70代の女性に対して,粗野,乱暴な言動をしたとして,本年10月28日,県内居住の70代の男性に対して,ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告を実施した旨の報告があった。

(7)本部長と駐在所夫人との語る会」の開催結果について

年11月2日,県警察本部において,本部長と駐在所夫人12人が出席し,「本部長と駐在所夫人との語る会」を開催し,

  • 域に溶け込むために心掛けていること
  • 在所生活で困ったことや不便を感じたこと
  • これまでの苦労話
  • 在所生活でよかった点

等について懇談が行われた旨の報告があった。

員から

駐在所夫人になって間もない方へのアドバイス等は無かったのか。

旨の質疑があり,県警察から「出席したベテランの駐在所夫人から助言等がされた。」旨の回答があった。

(8)活安全部関係の事件発生・検挙について

  • 40代の男性に対する恋愛感情その他好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で,本年11月5日午後6時4分頃から午後6時22分頃までの間,同男性宅に押し掛け,著しく不安を覚えさせるような方法により,ストーカー行為をしたとして,県内居住の40代の女を,ストーカー行為等の規制等に関する法律違反で現行犯逮捕した旨の報告があった。
  • 年7月9日,県内において,女子高校生(当時15歳)に対し,同人が18歳に満たない青少年と知りながら,みだらな行為をしたとして,10月31日,県内居住の20代の男を,鹿児島県青少年保護育成条例違反で通常逮捕した旨の報告があった。

(9)場鑑識競技会の開催結果について

一線で現場鑑識活動に従事する警察官が,適正かつ綿密,徹底した現場鑑識活動により,数多くの客観的証拠を収集するための鑑識技術の向上を目的として,以下のとおり,現場鑑識競技会を開催した旨の報告があった。

加者

  • 島署を除く各警察署が鑑識係以外の若手の地域警察官等3人でチームを編成し,29チーム87人がブロック大会に参加
  • ブロック代表5チームと離島署1チームの6チーム18人が県大会に参加

大会出場署

鹿児島西署,日置署,薩摩川内署,姶良署,錦江署及び奄美署

大会競技内容

事務所荒らし現場における写真撮影,足痕跡・指掌紋・血液の採取作業等

催結果等

  • 大会は鹿児島西署が優勝
  • 性警察官は,ブロック別大会に10人,県大会に2人出場
  • 場者の平均年齢は28.7歳(最年長40歳,最年少20歳)

(10)通事故の発生状況(10月26日~11月9日)について

記期間中における県内の交通事故は,

  • 発生件数308件(前年比-79件)
  • 死者6人(前年比+2人)
  • 負傷者349人(前年比-118人)

で,本年11月9日までの累計は,

  • 発生件数6,335件(前年比-443件)
  • 死者51人(前年比-13人)
  • 負傷者7,493人(前年比-582人)

であったこと及び期間中,鹿屋署,高速道路交通警察隊,志布志署,徳之島署,鹿児島南署及び姶良署管内で発生した交通死亡事故の概要について報告があった。

2

(1)鹿児島県地方警察職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について

鹿児島県地方警察職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について説明があり,審議を行った。

(2)物営業所に対する行政処分について

物営業所に対する行政処分について説明があり,審議を行った。

(3)ストーカー規制法に基づく禁止命令の発出について

ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく禁止命令について説明があり,審議を行った。

(4)転免許の取消処分について

26人に対する運転免許の取消処分について説明があり,審議を行った。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る