ホーム > 会議録(平成30年) > 定例会議(8月9日(木曜日))

ここから本文です。

更新日:2018年9月18日

定例会議(8月9日(木曜日))

1

察事案の報告について

警察本部から,監察事案について報告がなされた。

風俗環境保全協議会の開催結果等について

警察本部から,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の規定に基づき,本年6月から7月にかけて開催した風俗環境保全協議会の開催結果及び特定遊興飲食店に対する立入結果等について報告がなされた。

平成30年上半期の人身安全関連事案に対する取組結果について

警察本部から,平成30年上半期におけるストーカー・DV事案の取扱状況,特異行方不明及び虐待事案の取扱件数並びに人身安全関連事案に対する取組について報告がなされた。
委員から,「高齢者に対する虐待事案には,経済的虐待もあるが,かかる件数も統計に含まれているのか」との質問があり,県警本部が含んでいる旨を回答した。

平成30年7月豪雨災害に伴う特別生活安全部隊の派遣について

警察本部から,本年7月の豪雨災害の被災県である広島県に派遣した「特別生活安全部隊(女性警察官4名)」の,任務や活動状況等について報告がなされた。委員から,

県内で同様の災害があった場合を想定した研修等を行っているのか

との質問があり,警察本部から,本県の場合,3年前の口之永良部島の噴火の際や,2年前の熊本地震で今回と同様の部隊を被災地に派遣するなど,過去に経験がある旨を回答した。

若手地域警察官技能競技会「県大会」の開催結果について

警察本部から,近年の警察官大量退職に伴い,実務経験の浅い若手地域警察官の占める割合が増える中,交番等で勤務する地域警察官の職務の基本となる巡回連絡,職務質問及び人身安全関連相談の3種類の業務について,競技会を通じて対話能力や事案対処能力を向上させることで,若手地域警察官の早期育成を図る目的で,本年8月6日(月曜日)若手地域警察官技能競技会「県大会」を開催したことについて報告がなされた。

交通事故の発生状況(7月26日~8月8日)について

警察本部から,7月26日から8月8日の期間中における県内の交通事故は,

  • 発生件数216件(前年比-48件)
  • 死者4人(前年比+2人)
  • 負傷者236人(前年比-74人)

で,本年8月8日までの累計は,

  • 発生件数3,497件(前年比-421件)
  • 死者36人(前年比-3人)
  • 負傷者4,093人(前年比-503人)

であった旨の報告がなされた。

当面の警護予定について

察本部から,当面の警護予定について報告がなされた。

2決裁

鹿児島県地方警察職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部を改正する条例(案)について

警察本部から,鹿児島県地方警察職員の特殊勤務手当支給に関する条例の一部を改正する条例(案)について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

苦情に関する調査結果について

警察本部から,苦情に関する調査結果について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員の援助要求について

警察本部から,警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員の援助要求について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

運転免許の取消処分について

警察本部から,16人に対する運転免許の取消処分について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

運転免許取消処分を不服とする審査請求の受理について

警察本部から,運転免許取消処分を不服とする審査請求の受理について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

 

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る