ホーム > 定例会議(1月17日(木曜日))

ここから本文です。

更新日:2019年2月14日

定例会議(1月17日(木曜日))

1

(1)察実施結果(平成30年10月~12月)について

察本部から,平成30年10月から12月における本県総合監察及び随時監察の実施状況並びに九州管区警察局による総合監察等の受監状況等について報告があった。

(2)任科生の卒業式について

察本部から,本年1月30日,県警察学校において初任科長期課程第287期学生48人(女性警察官13人)の卒業式が行われる旨の報告があった。

(3)成30年中の犯罪抑止対策結果について

察本部から,各種犯罪抑止対策を講じた結果,平成30年中の

  • 刑法犯認知件数は6,704件で平成21年以降10年連続で減少したこと
  • 刑法犯は,県下28警察署中14署で減少し14署で増加したこと
  • 抑止重点犯罪(うそ電話詐欺,住宅対象侵入盗,性犯罪,万引き,乗り物盗及び車上ねらい)は,21署で減少し6署で増加したこと
  • 子ども・女性に対する性的犯罪前兆事案(声掛け,つきまとい,卑わい言動,ちかん,色情ねらい,公然わいせつ,のぞき,盗撮及びその他)は,ちかん,公然わいせつ及びその他が前年より増加したこと

などについて報告があった。

(4)成30年中のストーカー規制法に基づく禁止命令等の状況について

察本部から,平成30年中のストーカー規制法に基づく禁止命令の発出件数は16件,緊急禁止命令発出件数は6件,延長処分件数は1件,禁止命令違反検挙件数は1件,警告件数は17件であったことなどについて報告があった。

(5)成30年中の110番通報受理状況及び「110番の日」に伴う広報啓発活動の実施について

察本部から,平成30年中の110番通報受理状況について,

  • 総受理件数は85,785件で,統計の残る平成4年以降,最も少なかったこと
  • 外国人からの通報が増加したこと

また

  • 「110番の日」に伴い警察本部と県内各警察署において各種広報啓発活動を実施したこと

などについて報告があった。

(6)通事故の発生状況について(1月10日~1月16日)

察本部から,1月10日から1月16日の期間中における県内の交通事故は

  • 発生件数86件(前年比-41件)
  • 死者1人(前年比-2人)
  • 負傷者92人(前年比-59人)

で,本年1月16日までの累計は,

  • 発生件数182件(前年比-60件)
  • 死者3人(前年比-4人)
  • 負傷者196人(前年比-90人)

であった旨の報告があった。

(7)成30年度桜島火山爆発総合防災訓練への参加について

察本部から,桜島の爆発・地震等による災害発生に際して防災関係機関が相互に緊密な連携のもと,防災体制の実効性について検証・確認を行うとともに,住民の防災意識と知識の高揚を図る目的で,本年1月12日,桜島全域及び鹿児島市立長田中学校において,鹿児島市,県,警察,消防,海上保安庁,自衛隊,DMAT(災害派遣医療チーム)等175機関・団体約4,600人が参加し,桜島における大規模噴火の発生を想定した避難等訓練を実施した旨の報告があった。

(8)面の警護予定について

察本部から,当面の警護予定について報告があった。

2

(1)有個人情報不開示決定を不服とする審査請求の受理及び審査会への諮問について

察本部から,保有個人情報不開示決定を不服とする審査請求の受理についての報告及び審査会への諮問についての説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

(2)鹿児島県地方警察職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

察本部から,鹿児島県地方警察職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

(3)事案件について

察本部から,人事案件について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

(4)情に関する調査結果について

察本部から,苦情に関する調査結果について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

(5)転免許の取消処分について

察本部から,29人に対する運転免許の取消処分について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

 

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る