ホーム > 会議録(平成31年,令和元年) > 定例会議(8月22日(木曜日))

ここから本文です。

更新日:2019年9月12日

定例会議(8月22日(木曜日))

1

察事案の報告について

察本部から,監察事案の報告があった。

ィルタリング普及促進における広報イベント「レッツ!フィルタリング!!」の開催について

察本部から,本年7月施行の改正県青少年保護育成条例につき,フィルタリングの普及促進に係る施策の一環として,夏休み期間中の青少年及びその保護者等を対象に,フィルタリングの重要性を楽しく理解させ,あわせて,青少年の健全育成を目的として,本年8月26日午後2時から,鹿児島市宇宿所在のオプシアミスミ1階中央イベント広場において,フィルタリング普及促進における広報イベント「レッツ!フィルタリング!!」を開催する旨の報告があった。

和元年上半期におけるサイバー犯罪対策の現状について

察本部から,令和元年上半期におけるサイバー犯罪の検挙状況及び相談件数並びにサイバーセキュリティカレッジの実施状況について報告があった。委員から

「本年度からサイバー犯罪対策課が新設されたが,組織改正の中では,どのように変わったのか。」

旨の質問があり,警察本部から

「以前は,生活環境課の中にサイバー犯罪対策室というかたちであったが,今年度,課として新設されたことで体制が強化された。具体的には,捜査担当,支援・企画指導の担当に分かれて業務がスムーズに行われるようになった。警察署に対しても専門的にサイバー犯罪の捜査を支援できるようになった。」

旨の回答があった。

7回死体検案・身元確認業務等研修会の開催結果について

察本部から,本年8月10日に鹿児島市中央町所在の県医師会館で開催された第7回死体検案・身元確認業務等研修会の開催結果について報告があり,同研修会については,医師,歯科医師,警察,海上保安庁の緊密な連携と適切に業務が遂行できる環境整備を図ることを目的として,平成25年から毎年開催され,今回で7回目の開催である旨の説明があった。委員から「検視医の高齢化が問題となっている。」「県内で検視をする医師は何人いるのか。」旨の質問があり,警察本部から「全警察署に検視医を委嘱し,活動していただいている。また,検視医が都合が悪い場合は,他の病院の医師にお願いして対応していただいているというのが実状である。」旨の回答があった。また,「検視医を題材としたテレビドラマが増えていて,その影響で検視医を希望する医師が増えていると聞いたことがあるが如何か。」旨の質問があり,警察本部から「御遺体と接する仕事であることから,大いに法医学に興味がある医師でないと検視医を目指さないと思われる。」旨の回答があった。

28回暴力追放県民大会の開催について

察本部から,暴力追放に関する県民の意識高揚を図り,暴力団が存在しない安全で安心な鹿児島県を目指して県民総ぐるみの暴力排除運動を展開することを目的として,本年9月6日に霧島市国分中央所在の霧島市民会館において,第28回暴力追放県民大会を開催する旨の報告があった。

通事故の発生状況(8月8日~8月21日)について

察本部から,8月8日から8月21日の期間中における県内の交通事故は

  • 発生件数187件(前年比-35件)
  • 死者1人(前年比-3人)
  • 負傷者214人(前年比-48人)

で,本年8月21日までの累計は,

  • 発生件数2,934件(前年比-762件)
  • 死者34人(前年比-6人)
  • 負傷者3,381人(前年比-947人)

であった旨の報告があった。

吹上浜におけるアベック拉致容疑事案」現場広報活動の実施について

察本部から,拉致問題の風化防止を図り,広報活動を通じて国民の関心を深め,県民・国民の協力を得て広く情報提供を求めることを目的として,本年8月9日に日置市吹上町所在のさつま湖バス停留所先において,昭和58年から毎年開催し,今回で37回目となる「吹上浜におけるアベック拉致容疑事案」現場広報活動を実施した旨の報告があった。

教育のつどい教育研究全国集会2019」警備に伴う特別派遣について

察本部から,「教育のつどい教育研究全国集会2019」警備に伴う特別派遣について報告があった。

2

鹿児島県個人情報保護審査会の答申を踏まえた裁決書の作成について

察本部から,鹿児島県個人情報保護審査会の答申を踏まえた裁決書の作成について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

安委員会苦情の受理について

察本部から,公安委員会苦情の受理について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

見要望の受理(3件)について

察本部から,意見要望の受理3件について,それぞれ説明があり,これを審議した結果,3件とも原案どおり決定した。

定射撃場の指定について

察本部から,指定射撃場の指定について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。委員から「警察学校の射撃場で,10月26・27日にセンター・ファイア・ピストルの射撃大会が開催されるとの説明であったが,必要な改修工事から10月27日までの間は,学生の拳銃射撃の教養はできないということか,影響はないのか。」旨の質問があり,警察本部から「全く影響がないとは言えないと思うが,警察学校において,可能な範囲でカリキュラムの変更等調整して対応するものと思われる。」旨の回答があった。

和元年度第1回交通規制(信号機新設・廃止)の実施について

察本部から,令和元年度第1回交通規制(信号機新設・廃止)の実施について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。委員から「一灯式信号機の廃止について説明があったが,地域住民の意見も廃止していいということだったのか。」旨の質問があり,警察本部から「そのとおりである。」旨回答があった。さらに,委員から「押ボタン式信号機の新設について説明があったが,近年,外国人の往来をよく目にすることがあるので,押しボタンのところに外国語標示をすることは考えていないのか。」旨の質問があり,警察本部から「貴重なご意見として賜り,今後の検討とさせていただく。」旨回答があった。


転免許の取消処分について

察本部から,26人に対する運転免許の取消処分について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

査請求の受理について

察本部から,審査請求の受理について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る