ホーム > 定例会議(1月9日(木曜日))

ここから本文です。

更新日:2020年1月30日

定例会議(1月9日(木曜日))

1

察本部からの報告に先立ち,冒頭,鑪野委員長から

昨年は,災害や事件事故に対する対応等で,適切な対応をされていたというふうに受け止めている。今年は,警備については既に大きな行事が予定されているものがあるが,災害や事件事故については,どのような事案が発生するかわからない。何が起こっても昨年同様適切な対応をしていただき,治安維持に努めてほしい。」

旨の発言があった。

察事案の報告(3件)について

察本部から,監察事案について報告があった。

和2年初詣(1月1日~1月3日)における人出数について

察本部から,令和2年正月三が日における雑踏警備現地本部を設けた県内の神社等7か所の人出数について説明があり,前年比約3万2,000人増との報告があった。委員から「正月三が日の事件事故の発生はどうだったか。」との発言があり,警察本部から「期間中,重大な事件事故の発生はなかった。」との説明があった。

件事故の発生・検挙について

察本部から,鹿児島市内に本店を置く,消火器等の販売業者(鹿児島市内居住の会社役員の60歳代男性)を,令和元年12月18日から令和2年6月17日までの間,鹿児島県知事から,訪問販売に関する業務のうち,売買契約を締結すること等の行為を停止するよう命じられていたにもかかわらず,令和元年12月25日,薩摩郡さつま町居住の高齢女性方において,同人との間で消火器の売買契約を締結し,同知事の命令に違反したとして,本年1月7日,特定商取引に関する法律(業務停止命令)違反の罪で通常逮捕した旨の報告があった。
員から「業務停止命令はどのようにして行われたのか。」との発言があり,警察本部から「県の所管課において,販売業者と面接の上,処分書の概要と交付について説明をしている。翌日,処分書交付のため再度訪問したが不在であったことから,処分書を郵便ポストに投函したものの,受取拒否で返送されている。」旨の説明があった。

和元年中の交通事故の発生状況等について

察本部から,令和元年中の県内の交通事故の発生状況等について,

  • 発生件数4,771件(前年比-1,062件)
  • 死者数61人(前年比-3人)
  • 負傷者数5,530人(前年比-1,289人)

で,

  • 死者数は,前年と比べ2年連続減少し,昭和28年以降最小で,平成28年から4年連続の60人台になったこと
  • 第10次鹿児島県交通安全計画の「令和2年までに交通事故死者数62人以下」という抑止目標を初めて達成したこと
  • 高齢死者数は37人で,全死者の60.7%であり,平成15年以降17年連続で全死者の過半数以上を占めていること

などの報告があった。

通事故の発生状況(12月19日~1月8日)について

警察本部から,12月19日から1月8日の期間中における県内の交通事故は,

  • 発生件数269件(前年比-62件)
  • 死者12人(前年比+8人)
  • 負傷者314人(前年比-55人)

であった旨の報告があった。

2

安委員会苦情の受理について

警察本部から,公安委員会苦情の受理について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

置違反金納付命令に係る車両の使用制限処分について

察本部から,放置違反金納付命令に係る車両の使用制限処分について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

転免許の取消処分について

察本部から,21人に対する運転免許の取消処分について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

転免許証有効期間更新処分を不服とする審査請求の受付について

察本部から,運転免許証有効期間更新処分を不服とする審査請求の受付について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る