ホーム > 会議録(令和2年) > 定例会議(8月20日(木曜日))

ここから本文です。

更新日:2020年9月25日

定例会議(8月20日(木曜日))

1報告

監察事案の報告について

警察本部から,監察事案について報告があった。

令和2年上半期における人身安全関連事案に対する取組結果及び非行少年の概況等について

警察本部から,令和2年上半期における人身安全関連事案に対する取組結果及び少年非行の概況等について報告があった。

委員から「高齢者虐待事案が増加しているが,何か理由があるのか。」との発言があり,警察本部から「老老介護の問題のほか,今年6月には介護施設職員が入所者に対して暴行を加えた事案があった。」旨の説明があった。

事件事故の発生・検挙について

警察本部から,令和2年8月14日認知した奄美市名瀬における傷害致死事件については,同年8月16日,奄美市名瀬居住の男性を被疑者と特定して通常逮捕し,翌17日に被疑者を鹿児島地方検察庁名瀬支部に身柄付きで送致した。現在,事案の真相解明に向け,被疑者等の取調べ等所要の捜査を推進中である旨の報告があった。

交通事故の発生状況(7月30日~8月19日)について

警察本部から,7月30日から8月19日までの期間中における県内の交通事故は,

  • 発生件数237件(前年比-43件)
  • 死者3人(前年比+2人)
  • 負傷者281人(前年比-31人)

で,本年8月19日までの累計は,

  • 発生件数2,519件(前年比-378件)
  • 死者32人(前年比-1人)
  • 負傷者2,897人(前年比-436人)

であった旨の報告があった。

「吹上浜におけるアベック拉致容疑事案」現場広報活動について

警察本部から,令和2年8月12日,吹上浜におけるアベック拉致容疑事案の発生から今年で42年となることから,広報活動を通じて拉致問題にかかる県民の関心を高めて,事案の風化防止を図るとともに,広く県民等からの情報提供を求めるために,現場付近での広報活動を実施した旨の報告があった。

委員から「事件発生から42年経過したが,付近住民の転居や世代交代が進むなど事件を風化させる要因はないか。」旨の発言があった。

警察本部から「広報活動現場付近は通過車両も多く,地元住民からは,激励の言葉をいただくなど,一定の広報効果はあった。現場付近の集落は,それほど人の入れ替わりのない地域であり,現在のところ,集落住民の方々は,事案について,よく認識されていると思われる。」旨の説明があった。

2決裁

要望・意見の受理について

警察本部から,要望・意見の受理について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

運転免許の取消処分について

警察本部から,21人に対する運転免許の取消処分について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る