ホーム > 会議録(令和3年) > 定例会議(2月18日(木曜日))

ここから本文です。

更新日:2021年3月18日

定例会議(2月18日(木曜日))

1報告

人事案件について

警察本部から,人事案件について報告があった。

令和3年度組織・定員改正の概要について

警察本部から,令和3年度組織・定員改正の概要について報告があった。

令和2年下半期(7月~12月)の鹿児島県情報公開・個人情報保護条例に基づく開示請求の処理状況について

警察本部から,令和2年下半期(7月~12月)の鹿児島県情報公開・個人情報保護条例に基づく開示請求状況とその処理状況について報告があった。

監察案件について

警察本部から,監察案件について報告があった。

令和2年中における人身安全関連事案に対する取組結果及び少年非行の概況等について

警察本部から,令和2年中における人身安全関連事案に対する取組結果及び少年非行の概況等について報告があった。

委員から,「児童虐待,高齢者虐待ともに増えているが,全国的にも同じ状況か。」旨の発言があり,警察本部から,「全国的にも増加傾向である。特に児童虐待については,広報効果により通報件数も増えており,迅速な認知等につながっている。」旨の説明があった。

令和2年中におけるサイバー犯罪対策の現状について

警察本部から,令和2年におけるサイバー犯罪の検挙件数及び相談件数,サイバーセキュリティカレッジの実施状況等,サイバー犯罪対策の現状について報告があった。

県警察による情報発信について

警察本部から,サイバー犯罪対策課による情報発信について報告があった。

令和2年末の県下暴力団情勢について

警察本部から,鹿児島県内における令和2年末の暴力団情勢について,勢力数は,約180人で,勢力変化の特徴として,10年前と比較するとその数は約7割減少していること,前年度と比較した場合,増減はなく横ばいの状態であることなどの報告があった。

第18回警察歯科医会全国大会の開催結果について

警察本部から,令和3年2月6日,鹿児島県歯科医師会館で「想定外の大規模災害にも有効な連携を探る」という大会テーマで開催された。同大会は,昨年7月開催予定であったが,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のためWEB開催となり,シンポジウム,ディスカッションのみのライブ配信となり,その他のプログラムについては事前収録の配信となった旨の報告があった。

交通事故の発生状況(2月4日~2月17日)について

警察本部から,2月4日から2月17日までの期間中における県内の交通事故は,

  • 発生件数127件(前年比-28件)
  • 死者4人(前年比+3人)
  • 負傷者136人(前年比-35人)

で,本年2月17日までの累計は,

  • 発生件数491件(前年比-41件)
  • 死者7人(前年比±0人)
  • 負傷者545人(前年比-67人)

であった旨の報告があった。

事件事故の発生・検挙について

警察本部から,姶良市居住の25歳男性被疑者は,令和3年2月9日午前5時49分頃,軽四輪乗用自動車を運転し,鹿児島市大竜町所在の信号交差点を直進する際,対面信号機が赤色灯火であったのにそれに従わず進行したため,自転車に乗車し,前方横断歩道を青色信号に従い左から右に横断中の同市居住の20歳男性をはね,同人に頭部外傷などの傷害を負わせ,走り去り,同人を死亡させたとして,令和3年2月10日,前記被疑者を過失運転致死及び道路交通法違反の事実で通常逮捕した旨の報告があった。

交通指導取締り中における交通事故の発生について

警察本部から,令和3年2月13日午前8時20分頃,姶良市加治木町日木山の九州縦貫自動車道下り線において,高速道路交通警察隊の32歳男性警察官が運転する交通取締用自動車が,速度取締りのため追い越し車線を走行中,何らかの理由でバランスを失い,中央分離帯に衝突して走行車線上に跳ね返り転覆し,折から走行車線上を走行中の熊本県八代市居住の49歳男性が運転する自家用大型貨物自動車と衝突した。けが人はなく,今後車両管理等について指導,教養をし再発防止を図る旨の報告があった。

委員から,「事故原因を解明して,再発防止に繋げてもらいたい。」旨の発言があった。

警察官の受傷事案の発生について

警察本部から,30歳男性巡査が,令和3年2月15日午前零時17分頃,鹿児島市千日町の路上において,普通乗用自動車を運転する鹿児島市伊敷居住の73歳男性に対して,同車助手席ドアを開け,運転免許証の提示等を求めたところ,同人が同車を急発進させたことから,男性巡査はこれに対応できず約15メートルにわたり引きずられ負傷した。

73歳男性については,公務執行妨害により現行犯逮捕した。

受傷事案の再発防止として,今後,若手警察官等を対象とした指導教養や実践的な競技会等を開催する旨の報告があった。

高病原性鳥インフルエンザの発生に伴う警察措置について

警察本部から,令和3年1月13日から同年2月5日までの24日間,さつま町一帯において,7所属,延べ264人が24時間体制でさつま町内に設置された消毒ポイントについて,車両による巡回及び立ち寄りを実施し,消毒ポイントの警戒,関係者への交通安全上の指導等を実施した。期間中特異な取扱いはなかった旨の報告があった。

2決裁

苦情に関する調査結果について

警察本部から,苦情に関する調査結果について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

要望に関する調査結果について

警察本部から,要望に関する調査結果について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

運転免許の取消処分について

警察本部から,18人に対する運転免許の取消処分について説明があり,これを審議した結果,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る