ホーム > 1月~3月中の活動結果

ここから本文です。

更新日:2019年4月12日

1月~3月中の活動結果

頭視閲式に出席

1月10日(木曜日),委員3人は,県警察本部において行われた年頭視閲式に出席し,部隊巡閲の実施,年始特別警戒車両出発の視察を行いました。

式では,石窪委員長が

内の治安情勢については,全体的には平穏に推移しているようだが,一方で殺人や強盗などの凶悪事件が多発し,子どもや女性に対する犯罪や声かけ,つきまとい事案も増加傾向にあるなど,県民が治安の回復を肌で実感するまでには至っていない状態である。これまで同様,それぞれの立場から,県警察の運営指針である『県民の期待と信頼に応える力強い警察活動の推進』を実際に県民が体感できるよう,各種施策を着実にかつ誠実に推し進めていただきたい。

などとあいさつしました。

あいさつをする石窪委員長

年頭視閲式で巡閲をする公安委員

下警察署長等会議に出席

1月18日(金曜日),石窪委員長は,県警察本部で開催された県下警察署長等会議に出席しました。石窪委員長は,冒頭のあいさつで,

内の治安情勢は,刑法犯の認知件数や交通事故発生件数,死者数とも,数値の上では一定の改善が見られるが,県民に不安を与える凶悪事件やうそ電話詐欺等が後を絶たず,DV・ストーカーなどの相談件数も増加傾向にあるなど予断を許さない状況が続いている。県警察の運営重点に示された各種施策を着実に推進し,日本一安全で安心な鹿児島県の実現のため,引き続き部下職員の指導をお願いする。社会の変化が加速していく中で警察が責務を果たし続けるためには,警察自身も進化していく必要がある。例えば働き方改革については,警察以外の取組を参考とするなど,将来を見据えて推進していく必要がある。

と述べました。

また,本年は本県で全国高等学校総合体育大会,来年は国民体育大会が開催されることから,「地域住民,関係自治体の理解と協力を得つつ,民間事業者等ともよく連携し,社会全体でテロ対策に取り組んでいく必要がある。」と述べ,さらに,

うそ電話詐欺,サイバー空間の脅威,人身安全関連事案への対処,交通死亡事故抑止対策,警察施設のセキュリティ等,県警察が直面する課題に対応していくには,県民の信頼と協力が不可欠であり,引き続き職員の規律違反行為に厳正に対処するとともに,的確な防止対策を講じる必要がある。規律正しく,犯罪に毅然と立ち向かい,被害者の心には優しく寄り添う,そのような頼りにされる警察が構築されることを期待する。

と述べました。

性警部補キャリアデザイン・セミナーに出席

1月23日(水曜日),石窪委員長は,県警察本部において開催されたキャリアデザイン・セミナーに出席し,参加した女性警部補等のグループワークに参加し

性は自己評価が低いという話もあったが,私はポストが人を作ると思っている。ポストが変われば出会う人や見える世界が違ってくる。『選楽楽』『選難楽』という言葉がある。前者は楽な方を選んで楽をする,後者は難しい方を選んで,選んだからには楽しむというものだ。人生長く生きた後で差が出る。全て難しい方を選ぶというのではなく,何かは大変な方を選ぶのも人生を豊かにするのではないか。自分がどうしたいかを短期,中期,長期スパンで決めてそれに向けて取り組んでもらいたい。

などと講評を述べました。

下警察拳銃射撃競技大会を視察

1月25日(金曜日),石窪委員長は,県警察学校において開催された県下警察拳銃射撃競技大会を視察しました。あいさつをする石窪委員長

会式で石窪委員長は,

年は県内では凶悪事件が相次いで発生し,全国的には交番が襲われ,警察官や一般人が犠牲になる痛ましい事件が発生している。このような凶悪事件に対しては拳銃使用が十分予測され,そのような現場で適正かつ効果的に拳銃を使用できるよう,日ごろの訓練で使用判断能力や射撃技術を磨くことが必要だと感じる。今後も県民の安全,安心をより確かなものとするため,拳銃を始めとする術科訓練に励み,精強な警察を体現して力強い警察活動を展開していただきたい。

などとあいさつし,選手を激励しました。

任科学生の卒業式に出席

あいさつをする鑪野委員1月30日(水曜日),鑪野委員は,県警察学校において挙行された初任科長期課程第287期学生48人の卒業式に出席し,「最近の警察を取り巻く治安情勢は非常に厳しく,様々なことを経験することになろうかと思うが,警察官となった時の初心と県民のための警察であるという誇りと使命感を持ち,強く,優しく,正義感あふれる立派な警察官に成長することを願っている。県民は,警察官が自分たちを守ってくれるものと信頼し,期待しているので,その期待に応えられるよう職務を全うしてほしい。」と祝辞を述べました。

察学校初任科学生に対する講義

1月31日(木曜日),鑪野委員は,県警察学校において,昨年11月に入校した初任科短期課程学生11人に対学生に講義をする鑪野委員し,「警察に対する国民の要請」をテーマに講義を行いました。鑪野委員は,「弁護士との付き合い方」について講義を行い,警察及び弁護士の業務,警察と弁護士の業務の接点,弁護士の仕事内容,警察と弁護士との関わり,公安委員会の役割等について説明し,学生に

察官は危険な状況に身を置くことも多い。文句を言われ,思い悩むこともあると思う。しかし1人でも2人でも感謝してくれる人があり,自分が何かの支えになったという思いを抱くことができれば,警察官になってよかったという思いが強まり,ストレスがあっても乗り切っていけるのではないか。今の初心を忘れず頑張ってほしい。

弁護士の業務には被害者支援や民事介入暴力,DV・ストーカーの対応もある。机上の話ではピンとこないかもしれないが,現場に出ていろいろな仕事をする中で,弁護士と関わる案件も出てくる。このようなときに弁護士がどのような考えで対応するのかを思い出してもらえればいい。

などと,自らの経験や所感を交え講義を行いました。

察署協議会代表者会議に出席

2月8日(金曜日),委員3人は,県警察本部において開催された平成30年度警察署協議会代表者会議に出席しました。会議には,各警察署協議会の代表者が出席し,石窪委員長が「公安委員会では,毎年数署の協議会に出席しているが,いずれの協議会でも地域の交通問題や少年問題等,様々な課題について活発に協議がなされていると感じている。今後も地域と警察の架け橋として,地域住民の意見要望を寄せていただきたい。」等とあいさつしました。会議においては,協議会の運営状況,委員の警察業務の理解に対する取組状況,協議会の意見等の警察署運営への反映状況に関する写真や動画をパワーポイントにより説明を行い,出席した協議会委員全員が意見を述べました。
会議の総括として,各委員が

皆さんの意見によって警察の取組が進化していることを強く感じた。この会議で発表された事例等,自分が所属する協議会で実施できることがあれば,所属の委員にも情報共有して今後の活動に役立てていただきたい。

警察署協議会が発足した経緯を理解していただき,今後も協議会から積極的な意見具申をしていただきたい。

各地でどのような活動をしているかよく理解することができた。今後も積極的に協議会に参加し,委員の警察に対する生の声を聞いていきたい。

などと感想を述べました。

あいさつをする石窪委員長

代表者会議に出席する公安委員

察署落成式に出席

2月15日(金曜日),委員3人は鹿児島西警察署落成式に出席し,石窪委員長があいさつをする石窪委員長

新庁舎は,来庁者の利便性に配意したバリアフリー構造や,DV・ストーカー事件にきめ細かく対応するため,専用のシャワー室やトイレ等を備えた被害者支援ルームが整備されるなど,地域住民が訪れやすく,また職員が県民のための力強い警察活動を推進するため,大変機能的な施設だと感じている。

員には,地域との関わりをより一層深めた警察活動に努め,「日本一安全で安心な鹿児島」を実現するため,県警察が掲げた運営指針・運営重点に示された各施策を着実に,かつ誠実に推進してほしい。

などとあいさつしました。

県議会開会式に出席

2月19日(火曜日),石窪委員長は,平成31年第1回県議会定例会開会日の本会議に出席しました。

鹿児島西警察署協議会を視察

2月20日(水曜日),鑪野委員は,鹿児島西警察署協議会を視察しました。会議の冒頭,鑪野委員は「皆様は,管内の様々な治安問題について警察署等から意見を求められる立場にある。また,地域住民の代表として,住民の声を署長に届け,警察署の業務に反映させていただきたい。」とあいさつしました。協議では,駅周辺の再開発問題,交通違反をさせないための広報の在り方,交番駐在所の統廃合,交通規制等について意見要望が出され,協議終了後,警察からパトカーに積載された受傷事故防止のための資機材等の説明を受け,視察を行いました。

あいさつをする鑪野委員

視察をする鑪野委員

美警察署警備空港派出所,輪内交番を視察

3月1日(金曜日),石窪委員長は奄美空港警備派出所を視察し,勤務員に勤務内容等の質問を行い,激励しました。また,平成30年に新設された輪内交番において,勤務員から概況説明を受け,施設内を視察しました。

視察をする石窪委員長

視察をする石窪委員長

美警察署協議会を視察

あいさつをする石窪委員長3月1日(金曜日),石窪委員長は奄美警察署協議会を視察しました。石窪委員長は,「皆様は,管内の様々な治安問題について警察署等から意見を求められる立場にある。また,地域住民の代表として,住民の声を署長に届け,警察署の業務に反映させていただきたい。」などとあいさつし,協議会終了後,

奄美警察署と地域の方が連携してさまざまな取組をしていることがよく理解できた。

等と講評しました。

任科学生の卒業式に出席

3月29日(金曜日)鑪野委員は県警察学校において挙行された初任科長期課程第77期学生10人の卒業式に出席し,祝辞をのべる鑪野委員

民は,警察官が自分たちを守ってくれるものと信頼し,期待している。今後いろいろなことがあると思うが,警察官として何をすべきか,何を求められているかをよく考え,県民の期待に応えられるよう職務を全うしてほしい。

と祝辞を述べました。

退職時表彰式に出席

3月29日(金曜日),石窪委員長及び鑪野委員は,警察本部において開催された祝辞を述べる石窪委員長平成31年退職時表彰式に出席し,石窪委員長が退職者に対し

回退職する皆さんがこれまで身をもって示してきた使命感や様々な経験で培われた知識と技能は,あとに続く後輩たちに確実に受け継がれ、本県の治安維持につながっていくものと確信している。今後は一県民として,安全で安心して暮らせる地域社会作りに貢献するとともに,警察活動への支援・協力をお願いする。

などと祝辞を述べました。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る