ここから本文です。

更新日:2015年12月22日

平成27年11月中の活動状況

(1)下地域課長研修会における講話

11月4日(水曜日),山本委員長は,県警察学校で開催された地域課長研修会において,県下28署の地域課長34人に対し,講話を行いました。
本委員長は,先人の遺訓や格言を交えながら,企業の経営者として人事管理の重要性や若手の人材育成方策等について講話を行い,出席者からは,

改めて人事管理・業務管理の重要性を理解することができた。

等の感想が聞かれました。

(2)下警察署長等会議に出席

11月6日(金曜日),委員3人は,警察本部で開催された県下警察署長等会議に出席し,山本委員長が,

とっさの判断を必要とする現場の警察官,特に経験未熟な若手警察官に対しては,日頃から具体的な事例を示すなどして,県民の立場に立った対応を心掛けるよう指導してほしい。

全国的には警察官の非違事案が後を絶たない。今後も非違事案の防止に努め,県民からの絶大なる信頼確保を持続してもらいたい。

等と訓辞しました。

(3)勲伝達式に出席

11月9日(月曜日),山本委員長及び豊島委員は,警察本部で開催された平成27年秋の叙勲伝達式に出席し,山本委員長が,

昭和から平成の時代を昼夜を分かたず職務に精励され,本県の治安を守っていただいたことに敬意と謝意を表する。

長年培われた知識と経験を生かされ,今後も地域の安全安心の牽引をしていただきたい。

等と祝辞を述べました。

(4)察学校入校式に出席

11月12日(木曜日),野田委員は,県警察学校で挙行された初任科短期課程第71期学生(16人)の入校式に出席し,入校式

人々に信頼される警察であって初めて,警察の活動は評価され,警察官を志した思いも実現することになると思う。

必要な知識を身に付けるとともに,同期生との絆を養い,一人も欠けることなく第一線の現場に立つ日を迎えられることを祈念する。

と祝辞を述べました。

(5)州管区内公安委員会連絡会議に出席

11月16日(月曜日),委員3人は,大分市内で開催された九州管区公安委員会連絡会議第24回定例会に出席しました。

(6)職警察職員慰霊祭に出席

11月18日(水曜日),委員3人は,警察本部で挙行された鹿児島県殉職警察職員慰霊祭に出席しました。

本委員長が

己を犠牲にした尊いご活躍により,本県の治安が揺るぎなく維持され,県民の平穏な生活が保たれてきました。

ご生前の輝かしいご功績に対し,深甚の敬意を表するとともに,今後とも警察職員の一人ひとりが誇りと使命感を胸に治安維持のため万全を尽くすことを願います。

と慰霊の言葉を述べ,各委員が献花を行いました。

(7)全運転競技会を視察

11月26日(木曜日),山本委員長は,鹿児島県霧島市内の自動車学校で開催された第1回県下警察安全運転競技大会を視察しました。
会式で山本委員長は,

警察官は,職務の特殊性から一般の運転手よりも高い運転技術や安全運転意識が要求されており,日頃の訓練や安全運転意識の醸成が重要である。

今大会が運転技術の向上に役立つ大会になるものと確信している。

等とあいさつした後,四輪及び二輪の走行操縦競技を視察しました。

 

(8)察署協議会を視察

11月26日(木曜日),野田委員は,伊佐警察署協議会に出席しました。
察署長による管内の治安情勢及び業務推進状況,前回の意見・要望等に対する取組状況についての説明の後,協議が行われ,協議会委員からは,交通安全施設の設置要望や道路交通法改正に伴う自転車運伊佐署協議会転者講習制度等に関する質疑がありました。
協議終了後,野田委員は,

非常に活発な協議会であると感じた。

交通安全施設等については,優先順位もあるので,今後も地域住民の声を届けてほしい。

等とあいさつしました。

(9)議会定例会に出席

11月27日(金曜日),山本委員長は,県議会第4回定例会開会日の本会議に出席しました。

(10)国公安委員会連絡会議に出席

11月30日(月曜日),委員3人は,東京都内で開催された全国公安委員会連絡会議に出席しました。
また,12月1日(火曜日)には,野田委員が皇宮警察本部を視察しました。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る