ホーム > 手続・申請 > 古物営業 > 古物営業法の改正について(重要)

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

古物営業法の改正について(重要)

古物営業法の一部を改正する法律が平成30年4月25日に公布されました。

改正の主なポイントは「許可単位の見直し」「営業制限の見直し」「簡易取消しの新設」「欠格事由の追加」の4つです。

「許可単位の見直し」の関係で,現在,古物商及び古物市場主の許可を取得している方が引き続き営業をするためには「主たる営業所等届出」をすることとなりました。

改正の詳細な内容については,下記のチラシ及びポンチ絵に記載してありますので確認をお願いします。

「主たる営業所等届出」については,下記の「主たる営業所等届出の手続きについて(重要)」を参考にしてください。

広報用チラシ(JTD:100KB)((PDF:282KB)重要)

主たる営業所等届出の手続きについて(重要)(PDF:151KB)

規則改正ポンチ絵(PPT:65KB)

規則改正ポンチ絵(改正一覧)(PPT:57KB)

規則改正ポンチ絵(主たる営業所等届出)(PPT:781KB)

規則改正ポンチ絵(非対面の本人確認)(PPT:58KB)

主たる営業所等届出書(WORD:21KB)

主たる営業所等届出書(記載例)(PDF:64KB)

仮設店舗営業届出書(WORD:18KB)

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

生活安全部生活安全企画課

電話番号:099-206-0110

問合せ先
鹿児島県警察本部生活安全企画課生活安全許可センター営業係
内線(3032,3033)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。