ホーム > 生活安全 > 令和3年全国地域安全運動

ここから本文です。

更新日:2021年10月8日

令和3年全国地域安全運動

運動の目的

鹿児島県の令和2年中の刑法犯認知件数は5,113件と,平成21年以降連続して減少していますが,その一方で防犯協会を始めとする地域安全に資する関係機関・団体及び警察が,期間を定め,地域安全運動を更に強化するとともに,その相互の連携を一層緊密にすることにより,地域安全活動の効果を最大限に上げて一層の浸透と定着を図り,もって安心して暮らせる地域社会の実現を図ります。

 

令和3年全国地域安全運動ポスター

 

実施期間

令和3年10月11日(月曜日)から同月20日(水曜日)まで

運動重点

1.子ども,女性及び高齢者の犯罪被害防止

子ども,女性及び高齢者などが犯罪の被害に遭わないよう地域ぐるみで見守り活動等を行いましょう。

また,声掛け事案等が発生したら,警察への早期通報をお願いします。

~「ながら見守り」~

県警察では,見守りの担い手の裾野を広げるため,ウォーキング,ジョギング,買物,犬の散歩,花の水やり等の日常活動の中で,気軽に実施できる「ながら見守り」を広く推奨しています。

地域ぐるみで「ながら見守り」を行い,安心して暮らせる地域社会を作っていきましょう。

ながら見守りチラシ

2.うそ電話詐欺(特殊詐欺)の被害防止

うそ電話詐欺の手口は,悪質かつ巧妙になっています。

県民の皆さんが被害に遭わないように,自治体,金融機関,民間事業者等の関係機関・団体及び地域社会と連携した被害防止を推進しましょう。

また,家族の絆を強めて,普段から連絡を取り合うことで被害を防止しましょう。

うそ電話詐欺被害防止ポスター

 

このページに関するお問い合わせ

生活安全部生活安全企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?