ホーム > 生活安全 > サイバー犯罪のいろいろ > 基本的な注意事項

ここから本文です。

更新日:2016年9月14日

基本的な注意事項

基本的な注意事項

プライバシー・個人情報の保護

インターネット上にアップロードした情報は,全世界へ公開することになります。拡散された情報を完全に削除することは難しいです。個人情報(氏名,住所,生年月日,性別,電話番号,メールアドレス,顔写真など)をむやみにインターネット上に公開しないようにしましょう。

ID・パスワードの管理

複数のサービスで同じID・パスワードを使い回すと不正アクセスの危険性が高まります。サービスごとにID・パスワードを設定し適切に管理しましょう。

また,パスワードは他人に知られないように管理し,定期的に変更しましょう。パスワードは名前,生年月日などの推測されやすいものを使用せず,英数字・記号を組み合わせ,できるだけ長い文字列にしましょう。

<参考リンク>日本クレジットカード協会(ID・パスワードの使い回し防止に関する動画)http://www.jcca-office.gr.jp/consumer/idpass.html(外部サイトへリンク)

迷惑メール対策

「動画サイトの利用料金が未納となっている。このまま放置すると裁判になる。」「宝くじ1億円が当選した。」「還付金の案内がある。」などの迷惑メールへ安易に返信や電話をしたり,添付されたURLをクリックしたりしないようにしましょう。迷惑メール対策としてフィルタリングが有効です。設定方法については,お使いの携帯電話会社やプロバイダへお問い合わせください。

子どもたちのインターネット利用に関して

子どもたちがインターネットを利用する時には,放任せず一定のルール作りをしましょう。

  • SNS等で知らない人とやりとりをしない。
  • 自分や家族,知り合いの個人情報を送信しない。
  • 無料のゲームでも課金により高額になる場合があるので注意する。
  • 利用時間や利用場所等を制限する。
  • フィルタリングサービスを必ず設定する。

民事・刑事上の対応に備えて

トラブルにあって,法的手段に訴える場合には,「トラブルにあった」ということを証拠(資料等)によって説明することが必要です。
トラブルにあった状況を説明するために必要と思われるものは,すべて保存しておきましょう。

このページに関するお問い合わせ

生活安全部生活環境課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?