ホーム > 交通安全 > 交通安全啓発 > 夏の交通事故防止運動

ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

夏の交通事故防止運動

今年も夏の交通事故防止運動が展開されます。

夏場は暑さによる疲労やレジャー先での交通量増加などによる交通事故の増加が心配されます。

県民の皆さん,一人ひとりが交通ルールを守るとともに,正しい交通マナーの実践を心掛けて,交通事故の発生を防止しましょう!

運動期間

平成30年7月21日(土曜日)から7月30日(月曜日)まで

運動のスローガン

鹿児島の夏!マナーが輝く快適ロード

運動の重点

  1. 子どもと高齢者の交通事故防止~「ちゃいっぺ心で補償運転」・「プラス1(ワン)運動」等の推進と「かごしま自転車条例」及び「かごしま自転車安全利用五則」の周知徹底~
  2. 飲酒運転・あおり運転等危険運転の根絶~「飲酒運転8(やっ)せん運動」・「ハンドルキーパー運動」等の推進~
  3. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底~「します・させます運動」の展開~

県警察が行う主な取組

  • 街頭監視活動の強化

主要交差点等での街頭活動を強化し,運転者への注意喚起や子どもや高齢者に対する保護誘導活動を実施します。

  • 交通指導取締りの強化

昼夜を問わず,飲酒運転や著しい速度超過,いわゆる「あおり運転」等,悪質,危険・迷惑性の高い交通違反に重点を置いた交通指導取締りを強化します。

  • 広報啓発・教育活動の推進

飲酒運転の防止,全席シートベルトの着用,自転車の安全利用等に向け,各種広報媒体,街頭キャンペーン等による広報啓発活動,参加・体験・実践型の交通安全教室の開催を推進します。

歩行者の皆さんへ

  • 道路を横断する際は,横断歩道のある場所を渡りましょう。
  • 横断する前には左右をよく確認し,車両の走行に注意しながら横断しましょう。
  • 横断歩道の中央付近では,もう一度左側を見て,安全を確かめましょう。
  • 薄暮時や夜間に外出する際は,明るい色の服装を着用し,夜光反射材を身に付けることを心掛けましょう。

運転者の皆さんへ

  • 交差点でない場所であっても歩行者は横断します。
  • 運転中は,進行方向の右側から左側に横断する人がいないか,反対車線にも目を配るなどして,周囲の安全確認を行い,「かもしれない運転」に努めましょう。
  • 夜間,対向車や先行車がいないときは,ライトを上向きにして歩行者を早く発見するように努めましょう。
  • 運転の際は,同乗者も含め全席シートベルト・チャイルドシートの着用を徹底しましょう。

このページに関するお問い合わせ

交通部交通企画課

電話番号:099-206-0110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?