ホーム > 県政情報 > ようこそ知事室へ > 知事の動き > 令和元年7月 > 7月6日(土曜日)県道谷山知覧線や大里川などの被災現場を視察しました

Facebook 鹿児島県知事 三反園 訓

ここから本文です。

更新日:2019年7月8日

7月6日(土曜日)県道谷山知覧線や大里川などの被災現場を視察しました

7月5日の指宿鹿児島インター線の被災現場の視察に引き続き、6日に九州自動車道、県道知覧谷山線、大里川、大王川の被災現場を視察しました。
県道谷山知覧線では、鹿児島市喜入町瀬々串地内において、道路が約100メートルにわたり決壊するなど、大きな被害が生じていることを確認しました。
復旧にも長期間を要すると見込まれることから、本道路の通行止めに伴う迂回車両への対応として、指宿有料道路の川辺インターから知覧インターの区間を無料としたところです。
大里川や大王川では、破堤により周辺住宅や水田などが浸水した現場において、大型土のうの設置などにより応急対策が完了した現場を視察したところです。
今回、防災・減災対策の必要性を改めて感じたところであり、全面的な復旧に向けて全力で取り組んでまいります。

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部広報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?