ホーム > 5CH かごしま暮らしナビ > 人権啓発 > 人権啓発:鹿児島県H28CM(人権週間バージョン)【15秒】

更新日:2017年1月11日

ここから本文です。

2ch人権啓発:鹿児島県H28CM(人権週間バージョン)【15秒】

・人権啓発CM「花が開くように こころ、広げよう。」
・鹿児島県提供(H28年制作)

5CH 新着情報

人権啓発:鹿児島県R2CM(人権同和問題啓発強調月間)

8月は「人権同和問題啓発強調月間」です。
「人権」という言葉に,あなたはどんなイメージを持っていますか。
「人権」は,すべての人間が生まれながらに持っている,人間が人間らしく生きていくための,誰からも侵されない基本的な権利であり,また,個人として尊重され,安全で安心して生活を送るために欠くことのできない権利です。
誰一人取り残さない,認め合い,支え合う「共生社会」を実現するために,私たち一人ひとりが,人権を「我が事」として考え,人権問題の解決に向けた行動を取ることが大切です。
この機会に,あなたの身近なことから人権について考え,そして行動しましょう。

7月31日更新

一人ひとりの人権が尊重される社会へ~8月の人権同和問題啓発強調月間に寄せて~

「人権」は,誰もが生まれながらに持っている幸せに生きるための権利であり,安全・安心な生活を送る上で欠くことができないものです。

しかしながら,現在もなお,世界各地で人種や民族,宗教等の違い,政治的対立あるいは経済的利害によって戦争や迫害,差別が生じ,人権が侵害される人々がいます。国内においても,生命を脅かす事件・事故が発生し,差別や偏見を背景とした,暴力やいじめ,虐待などの深刻な人権侵害事案は後を絶ちません。
新型コロナウイルス感染症に関しても,感染者や医療関係者,その家族など様々な方々に対する差別的な言動や,インターネット上での悪質な誹謗中傷が行われています。

人権を侵害する行為は,決して許されないものです。
誰一人取り残さない,認め合い,支え合う「共生社会」を実現するために,私たち一人ひとりが,人権を「我が事」として考え,人権問題の解決に向けた行動をとることが大切です。

7月8日更新

鹿児島県DV・人権相談窓口「WithYou」

鹿児島県DV・人権相談窓口「WithYou」について
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い,感染者や医療・福祉関係者及びそれらの家族,その他関係者に対する,インターネット上における悪質な書込みや差別的言動等の人権侵害事案が生じているとともに,生活不安やストレスなどから,配偶者やパートナーによる暴力等の増加・深刻化が懸念されています。
このような状況に緊急的に対応するため,人権侵害を防止する啓発CMを4月28日(火曜日)から「鹿児島インターネット放送局ムーブ!かごしま」やYoutubeにアップするほか,各地のケーブルテレビで放映していただいているところです。
さらに,5月13日(水曜日)から8月12日(水曜日)の3月間,人権侵害事案の発生を抑制するためのインターネットモニタリングを実施するとともに,新型コロナウイルス感染症に関する人権侵害について電話で相談を受け付ける窓口とDV等(DVが起きている家庭における子どもへの虐待を含みます。)についてSNSで相談を受け付ける窓口「WithYou」を設置します。
誹謗・中傷や差別,DVや児童虐待等の人権を侵害する行為は,決して許されない行為です。ひとりで悩まず,ご相談ください。

誰もが,新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するために外出を控える日々の中
あなたの家庭は,あなたにとって,あなたの子どもにとって,安全ですか?
WithYou…あなたとともに,あなたのことを,あなたのために考えます。

■電話による人権相談
電話:099-286-3043
受付日時:午前10時~午後4時(月~金曜日)

■SNSによるDV相談
URL:https://snskagoshima.jp
受付日時:午後5時~午後10時(月,水,金,土曜日)

■問い合わせ先:県庁男女共同参画局(TEL:099-286-2548)

5月11日更新

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部広報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?