更新日:2018年9月3日

ここから本文です。

里の武者踊

武士踊りの粗型はともかく,その伝来と形成の時期は,義弘・家久公の時代であり,その後,士気の高揚・藩公の慶賀・忠誠心の表現として,普及・定着されたものといわれています。
構成は大規模,多人数であり,演技が複雑で練習に長期を要し,今日ではヨロイ・カブト・刀などの具足類と,武具,陣羽織・袴などの服装の準備調達に困難があります。これまでは必然的に特に大きな記念式典の場合のみ,なんとか行われています。そのために,保存会が結成され,その技術の保存につとめ,少人数でも練習の演技ができるように工夫され,行われています。
古来,薩隅の郷土の間で踊られていたらしいのですが,現在原形に近い形で保存されているのは,この付近では里以外に見当たりません。特長として,歌の流れは武士の教養を反映して,優雅であります。踊りは武骨な力強さがあらわれ,鎧・兜を身にまとい,鉦と太鼓を合わせて勇壮に踊られます。

薩摩川内市無形民俗文化財に指定されました。

 
 

公開日時

不定期
 

公開場所

 

開催風景

武士・鉦・太鼓・踊り子の入場
円陣を組んで鉦・太鼓・踊り子の踊り
武士が門になり,鉦・太鼓・踊り子の退場

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?