ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 文化芸術振興 > 鶴丸城跡歴史シンポジウムを開催しました。

更新日:2020年12月7日

ここから本文です。

鶴丸城跡歴史シンポジウムを開催しました。

では,歴史・美術センター黎明館において,鶴丸城跡の歴史的価値やその魅力等などを紹介するシンポジウムを開催しました。当日の模様をYouTubeに掲載しましたので,ぜひご覧ください。

鶴丸城跡歴史シンポジウムちらし(PDF:2,816KB)

シンポジウム内容

主催者あいさつ

https://www.pref.kagoshima.jp/aa02/move/4ch/arakaruto54.html

主催者代表
  • 鹿児島県文化スポーツ局長貴美

弦楽カルテットによるオープニングミニコンサート

https://www.pref.kagoshima.jp/aa02/move/4ch/arakaruto55.html

弦楽カルテット
  • 今林吹音氏(ヴァイオリン)
  • 木佐貫茜氏(ヴァイオリン)
  • 中堂園都乃氏(ヴィオラ)
  • 有村航平氏(チェロ)

基調講演

https://www.pref.kagoshima.jp/aa02/move/4ch/arakaruto56.html

タイトル

鶴丸城築城の諸前提~島津義久・義弘・忠恒の「三殿」体制~

講師

名一仁氏(志學館大学常勤講師)

パネルディスカッション

https://www.pref.kagoshima.jp/aa02/move/4ch/arakaruto57.html

テーマ

丸城跡の価値とその魅力

パネリスト
  • 新名一仁氏(志學館大学常勤講師)
  • 安川あかね氏(城山観光株式会社研修部営戦略部SDGs推進グループループリーダー)
  • 本田静氏(株式会社宙の駅表取締役)
コーディネーター
  • 東川隆太郎氏(NPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会表理事)

クイズ大会

https://www.pref.kagoshima.jp/aa02/move/4ch/arakaruto58.html

 


よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

観光・文化スポーツ部文化振興課

電話番号:099-286-2534

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?