ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 鹿児島県男女共同参画センター > 7月25日~31日は男女共同参画週間です。

更新日:2021年6月11日

ここから本文です。

7月25日~31日は男女共同参画週間です。

鹿児島県では,鹿児島県男女共同参画推進条例第16条により,県民の間に広く男女共同参画についての関心と理解を深めるとともに,積極的に男女共同参画の推進に関する活動を行う意欲を高めるため,県独自の男女共同参画週間を設けています。

今年度は,これまでにコロナ禍で経験した様々な問題を振り返りながら,「ジェンダー平等」について考える展示及びワークショップを実施します。

全体テーマ

Startup!
かごしまジェンダー平等推進プロジェクト
コロナ禍で再認識された「男女格差」についてみんなで考えてみたいこと

週間事業の御案内(PDF:521KB)

フライヤーおもて

イベント内容(プログラム)

○展示「数字で見るジェンダー平等~コロナ禍編~」

私たちの社会にはどのような「男女格差」があるのか,コロナ禍にあって,どのような影響を受けたのか「数字」をキーワードに「ジェンダー平等」について考える展示を行います。

【かごしま県民交流センター展示ロビー(西棟2階)】
期間:令和3年7月25日(日曜日)~31日(土曜日)
時間:午前9時~午後10時

【鹿児島県庁1階ロビー】
期間:令和3年7月19日(月曜日)~8月20日(金曜日)
時間:午前7時~午後9時(月~金)前10時~午後9時(土・日)

【マルヤガーデンズ3階連絡通路】
期間:令和3年7月17日(土曜日)~31日(土曜日)
時間:午前10時~午後8時

【関係市町村】
会場や期間等については以下デジタルコンテンツの特設サイトに順次掲載

 

○デジタルコンテンツ「数字で見るジェンダー平等〜コロナ禍編〜」

専用webページにおいて,上記展示と同様の内容をコンテンツを1日1,2枚公開します。
ほかに,展示を実施する関係市町村等についても掲載します。

特設サイト:https://kagoshima-gew.tumblr.com/(外部サイトへリンク)

 

○ワークショップ「コロナ禍のわたしと,ポストコロナの希望をつなぐジェンダー平等」

展示をもとに,これまでの生活を振り返りながらこれからの社会への希望をつなぐ「ジェンダー平等」について語り合うワークショップを開催します。

会場:かごしま県民交流センター西棟2階中ホールオンンライン配信(zoom)あり
日時:7月31日(土曜日)午後2時~4時
定員:80人(先着順)※託児あり
費用:無料
※参加申込みは先着順となります。託児を希望される場合は令和3年7月9日(金曜日)までにお申し込みください。
託児対象:生後6か月から小学2年生まで

申込書(PDF:459KB)

申込書(WORD:27KB)

申込方法・問合せ先

【申込方法】
1込み用紙にてメール・FAXで申し込む(24時間受付)
2話または直接男女共同参画センターで申し込む(受付時間:9:00~17時00分/月曜休館祝日の場合は翌日休館)

【問合せ先】
鹿児島県男女共同参画センター(かごしま県民交流センター男女共同参画推進課)
電話:099-221-6603FAX:099-221-6640
メール:p-harmony@pref.kagoshima.lg.jp

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局かごしま県民交流センター男女共同参画推進課

電話番号:099-221-6603

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?