ホーム > 教育・文化・交流 > 世界遺産 > 「明治日本の産業革命遺産」 > 活動・取組 > 平成31年2月9日に世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」シンポジウムを開催します!

更新日:2019年1月17日

ここから本文です。

平成31年2月9日に世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」シンポジウムを開催します!

鹿児島県とNPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会で構成する,世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」集成館事業活用事業実行委員会では,世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である旧集成館について,島津斉彬が興した集成館事業から薩英戦争後に島津久光・忠義父子により再興された集成館事業への変遷を,CGで復元した画像を活用して視覚的に理解していただくため,「150年の時を経て磯地区に蘇る集成館工場群ーCGで復元した集成館の変遷をたどってー」と題したシンポジウムを下記のとおり開催します。

 

1ーマ

世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」シンポジウム

「150年の時を経て磯地区に蘇る集成館工場群ーCGで復元した集成館の変遷をたどってー」

 

2時・場所

平成31年2月9日(土曜日)13時00分から16時30分まで

かごしま県民交流センターホール

 

3

(1)基調講演

「第一期集成館事業と第二期集成館事業の概要」

尾千歳氏(尚古集成館館長)

磯地区の発掘調査成果」

井大祐氏(鹿児島市教育委員会文化財課)

第二期集成館のCG復元の概要」

波田武志(鹿児島県PR・観光戦略部世界文化遺産課)

(2)パネルディスカッション

ネリスト

尾千歳氏

井大祐氏

中佑之介氏(志學館大学人間関係学部人間文化学科2年ごしま近代化産業遺産パートナーシップ会議若手会代表)

ーディネーター

波田武志

(3)アプリ紹介

 

定員200名(先着順)

応募締切2月7日(木曜日)までに鹿児島県PR・観光戦略部世界文化遺産課へお申し込みください。

詳細はシンポジウムチラシをご覧ください)

主催界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」集成館事業活用事業実行委員会

鹿児島県・NPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会)

参加費

シンポジウムチラシ(PDF:1,009KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局世界文化遺産課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?