更新日:2017年8月2日

ここから本文です。

〈No.28〉喜界ターン

喜界ターン

春は別れの季節。

この時期,全国の多くの空港において,別れを惜しみながら旅立つ姿を目にしますが,鹿児島県の喜界島ではちょっと変わった見送りが行われています。

奄美大島の東に位置する喜界島は,島の大半が隆起珊瑚礁で出来た,人口約7千人の小さくて美しい島。

この島にある小さな空港でも,3月末になると,進学や転勤のために島を離れる方々と島民との別れが訪れます。

以前に比べ,島へのアクセスは改善され,また,SNSの普及により,連絡も取りやすくなったとは言え,愛する島を離れるのは辛いもの。

喜界空港から飛び立つ機材は,サーブ機という座席数36席の小型のプロペラ機。

運航する日本エアコミューターでは,左右どちらに座られた乗客も,窓から見送りを受けることができるよう,島を離れる際に駐機場エリアを8の字に走行します。

これが「喜界ターン」。

小さなエアラインならではの,粋な計らいに,目頭が熱くなりますね。

フェイスブックページはこちら(外部サイトへリンク)

リポート28

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部交通政策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?