閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2017年8月2日

ここから本文です。

〈No.34〉途中下車のすゝめ

途中下車のすゝめ

1.平成24年12月から鹿児島エリアにもSUGOCAが導入され,いちいちキップを買わなくなった方も多いのでは?

ICカードの普及で便利になった一方,残念ながら,のんびり道草する途中下車の旅が影を潜めています…

それでは,途中下車の旅を楽しむには,どうすれば良いのでしょうか?

実は,JR線の場合,営業キロが100kmを超える乗車券であれば,後戻りしない限り何度でも途中下車OKなんです♪(一部例外あり)

2.途中下車ではありませんが,通しで乗るよりも,わざと道草した方が安くなるまさかのパターンも!

検索サイトや各社の運賃表と睨めっこしながら,パズルゲーム感覚でお得な旅はいかがでしょう?

例:肥薩おれんじ鉄道の場合
・川内⇔出水は通しで1,450円のところ,西方か薩摩高城で寄り道(分割)すると80円安。
・川内⇔阿久根は通しで870円のところ,西方か薩摩高城で寄り道(分割)しても同額。
※定期券については計算方法が異なるため当てはまりません。

フェイスブックページはこちら(外部サイトへリンク)

リポート34

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部交通政策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?