更新日:2017年8月21日

ここから本文です。

〈No.60〉散水電車&芝刈装置!

散水電車&芝刈装置!

鹿児島市内を走る路面電車は,公営としては日本で最長13.1キロメートルありますが,そのうち,約8.9キロメートルの軌道敷を芝生化しています。

芝生化された軌道敷は緑の絨毯のように見え,まちの美しい景観に一役買っており,市民をはじめ,観光客からも好評を得ています。また,夏の晴天時で軌道敷の温度は,アスファルトの路面と比べて約18℃も低く,沿線の騒音も軽減する効果もあり,電車の乗り心地も向上させています!

このような電車の軌道敷の芝生を維持するための裏方的な電車があることをご存じですか?

今回は,この頼もしい助っ人電車を御紹介します!

散水電車と芝刈装置
『散水電車』は,室内に約6トンタンクと散水用ノズルを装備しています。芝生に水をまく『散水電車』が走るのも,鹿児島ならではの光景です。
『散水電車』はこれから御紹介する『芝刈装置』の牽引役としても一役買っており,縁の下の力持ち!鹿児島にはなくてはならない電車です!!

『芝刈装置』は,廃車した電車の台車に取り付けたリールモア(芝刈用刃)で軌道敷の芝刈りを行い,刈り取った芝葉を吸引し,回収することができる世界初の装置で,2010年に鹿児島市が導入しました。
『軌道敷の芝刈作業』は夜間に行われるため,なかなかお目見えできません。芝刈り作業に遭遇したあなたはラッキーですよ♪

フェイスブックページはこちら(外部サイトへリンク)

60

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部交通政策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?