閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2018年5月18日

ここから本文です。

〈No.79〉旅客機の水平飛行は0度ではない

旅客機の水平飛行は0度ではない

旅客機が巡航速度に到達すると水平飛行に入りますが,燃費効率等を考慮し,機首を約1.5度~3度ほど上げて運航しています。
ベルト着用のサインが消えて,化粧室等に向かう際,前方に歩くと上り坂,逆向きに歩くと下り坂のように感じた経験がある方もおられるかもしれませんね。旅客機が少し上を向いて進んでいるためなんです。
なお,座席のテーブルは,この角度を考慮して,あらかじめ傾斜が付けられています。もしよければ,次回ご搭乗される際には,座席のテーブル等にもご注目ください。

フェイスブックページはこちら(外部サイトへリンク)

file79-1

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部交通政策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?