ホーム > 社会基盤 > 宇宙開発・エネルギー > 再生可能エネルギー > 鹿児島県水素社会の実現に向けたロードマップ策定事業業務委託プロポーザルの実施について

更新日:2019年7月4日

ここから本文です。

鹿児島県水素社会の実現に向けたロードマップ策定事業業務委託プロポーザルの実施について

概要

鹿児島県では,水素社会の実現に向けた目標の設定や本県の具体的な行動計画,関係者の役割等を定めたロードマップを策定します。策定にあたり,この業務の委託予定者を選定するため,下記のとおり公募型プロポーザルを実施します。

委託業務名

鹿児島県水素社会の実現に向けたロードマップ策定事業業務委託

業務内容等

別紙「仕様書」のとおり

委託業務期間

契約締結日から令和2年3月13日(金曜日)

提案上限価格

税込9,996,800円

スケジュール

公告(実施要領等の公表)

令和元年6月18日(火曜日)~令和元年7月19日(金曜日)
質問の受付

令和元年6月18日(火曜日)~令和元年7月2日(火曜日)

応募書類の受付  
参加表明書類の受付 令和元年6月18日(火曜日)~令和元年7月5日(金曜日)
企画提案書類の受付 令和元年6月18日(火曜日)~令和元年7月19日(金曜日)
最優秀提案者の決定 令和元年7月下旬頃(予定)

契約締結

令和元年8月上旬頃(予定)

 

関係資料

  1. 実施要領(PDF:400KB)
  2. 仕様書(PDF:232KB)
  3. 応募様式(PDF:254KB)応募様式(WORD:37KB)
  4. 鹿児島県水素エネルギーの利活用に係る可能性調査結果について
  5. 鹿児島県水素エネルギー利活用促進検討協議会について

質問に対する回答(7月4日更新)

Q.技術提案書(実施要領・別紙様式8-1,8-2)は,MicrosoftPowerPoint形式での提出は可能か。

→A.実施要領別表1の記載上の留意事項及び別紙様式8-1及び様式8-2中に記載する内容を踏まえたかたちであれば,書類のソフトウェア等形式は問いません。

Q.仕様書3-(3)「ワーキンググループの設置・運営」について,ワーキンググループのメンバーは,「鹿児島県水素エネルギー利活用促進検討協議会」の委員の中から選定するのか。それとも,県と協議の上で,協議会委員以外のメンバーを選定してもよいのか。

→A.「鹿児島県水素エネルギー利活用促進検討協議会」の中にワーキンググループを設置することとしていますので,原則として「鹿児島県水素エネルギー利活用促進検討協議会」の委員の中からワーキンググループの構成員を選定することを想定しています。

Q.仕様書3-(3)「ワーキンググループの設置・運営」について,ワーキンググループ委員への謝金支払で参照すべき支払い基準等はあるか。

→A.非常勤職員のうち,報酬の額について知事が定めるものの額(平成17年鹿児島県告示第497号)で定めている以下の額を参考としてください。

・附属機関のその他の構成員:日額9,900円以内

応募先及び問い合わせ先

担当所属:鹿児島県企画部エネルギー政策課再生可能エネルギー推進係

電話番号:099-286-2431

FAX番号:099-286-5686

E-mail:sigenene@pref.kagoshima.lg.jp

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画部エネルギー政策課

電話番号:099-286-2431

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?