ホーム > くらし・環境 > 地域振興・景観 > その他 > 南九州広域交流圏構想~情熱とやすらぎの広域交流圏をめざして~

更新日:2008年5月20日

ここから本文です。

南九州広域交流圏構想~情熱とやすらぎの広域交流圏をめざして~

※南九州広域交流圏構想とは

南九州地域の豊かな自然や歴史、特色ある産業の集積などの多様な資源を活かした魅力ある広域交流圏の形成を目指すもので、熊本県宮崎県鹿児島県の三県が共同して実現に取り組んでいます。
 
南九州広域交流圏の地図と3県の写真

連携の必要性

今後わが国は人口減少時代を迎え、国土基盤投資をはじめ行財政の効率化が求められています。また、グローバル化の進展や人々の交流の活発化等に伴い、産業や観光などさまざまな面での競争が一層厳しさを増しています。
南九州地域においては、地域資源や地域活性化のための課題に共通するものも多いことから、3県が連携して取り組むことにより、効果的・効率的に地域の魅力向上や競争力の強化を実現することが期待されます。
 

南九州広域交流圏の目標像

『情熱とやすらぎの交流圏』
新たな価値の創造への情熱に溢れた人々が集い、住む人、訪れる人がやすらぎを感じられる地域をめざします。
 

南九州広域交流圏形成の基本方向

南九州地域の資源や課題を踏まえ、高い効果が期待できる以下の5つの分野で重点的に政策を推進し、あわせて連携の基礎となる交流基盤の整備を促進していきます。
 

[重点政策分野]

[交通基盤整備]

 

【産業の振興:産業科学情報】

南九州三県における特色ある産業の集積や技術・研究シーズを生かして、新事業の創出や技術の高度化等による産業の振興を図ります。
産学官の連携強化や人材の確保・育成、海外を含む販路拡大などに連携効果が期待できます。
 

《熊本県》

《宮崎県》

《鹿児島県》

 

【広域観光地の形成:観光物産情報】

南九州三県における自然、歴史、文化など多彩な観光資源を活かして、広域観光地として人々の多様なニーズに対応できる地域の形成をめざします。
広域観光ルートの設定や対外的なPR活動などに連携効果が期待できます。
 

《熊本県》

《宮崎県》

《鹿児島県》

 

【都市機能の相互補完:文化芸術情報】

南九州三県の人々の生活ニーズに対応した都市機能の相互活用を図ることにより、地域住民の文化・生活環境の向上をめざします。
芸術・文化に接する機会の増加やリサイクルの広域対応などに連携効果が期待できます。
 

《熊本県》

《宮崎県》

《鹿児島県》

 

【農山漁村の活性化・農林業の振興:交流UJIターン情報】

南九州三県が全国的な食料・木材供給基地である強みを活かして、地域間競争や国際競争に負けない農林業の実現をめざします。
担い手の確保や研究開発、環境対策などに連携効果が期待できます。
また、南九州三県の大半を占める農山漁村は、農林水産物の生産の場としてだけでなく、豊かな自然と一体となった暮らし、人間性回復や癒しの場として再評価されつつあることから、こうした特徴を活かして、農山漁村の活性化を図ります。
都市との交流やUJIターンの促進、自然環境の管理などに連携効果が期待できます。
 

《熊本県》

《宮崎県》

《鹿児島県》

 

【南九州地域のすがた:交流基盤や情報通信基盤の整備】

南九州三県の交流・連携を円滑化するため、交通基盤、情報通信基盤の整備を促進するとともに、それらを活用するためのソフト面の充実を図ります。
 

《熊本県》

《宮崎県》

《鹿児島県》

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部総合政策課計画管理室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?