更新日:2017年6月22日

ここから本文です。

奄美ドクターヘリについて

ドクターヘリは,医療機器や医薬品を搭載した救急医療専用のヘリコプターで,専門の医師と看護師が搭乗して救急現場などに急行し,現地で患者の治療を開始するとともに,いち早く医療機関へ搬送するものです。

多くの離島があり,広い地域を対象とした救急医療の確保が求められる本県では,平成23年12月に県本土・熊毛地域などを運航範囲とする県ドクターヘリの運航を開始し,平成28年12月に奄美地域などを運航範囲とする奄美ドクターヘリの運航を開始しました。奄美ドクターヘリの導入により,県内全域をドクターヘリがカバーできるようになります。

事業概要

1.運航主体:県立大島病院

(救急医療用ヘリコプター,操縦士,整備士及び運航管理者の確保等については,運航会社(鹿児島国際航空(株))に委託)

2.運航開始:平成28年12月

3.運航範囲:奄美地域,十島村

 

奄美ヘリ

奄美ドクターヘリの運航スキーム(基本的な流れ)

スキーム図

県立大島病院から県内各地までの所要時間

県立大島病院から県内各地までの所要時間は以下のとおりです。

県立大島病院から県内各地までの所要時間(PDF:212KB)

 

Q&A

ドクターヘリの運航時間は?

ドクターヘリの出動可能時間は,午前8時30分から日没前までです。

悪天候で視界不良のときなど,出動できない場合があります。

ドクターヘリの離着陸場所(ランデブーポイント)は?

県内各所に臨時の離着陸場(学校のグラウンドや公園など)を確保します。

その中から消防機関などが最適と判断した場所に着陸し,ヘリに搭乗している医師,看護師が患者の治療を行い,県立大島病院または地域の救急医療機関に搬送します。

注:離着陸場所は,奄美地域及び十島村に156か所確保しています。(平成29年2月21日現在)
なお,当該離着陸場所は次のとおりです。

奄美ドクターヘリ離着陸場所(ランデブーポイント)一覧(PDF:70KB)

 

ドクターヘリの出動を要請するには?

消防機関などが,県立大島病院内のドクターヘリ運航管理室へ要請します。

県民の皆様が直接要請することはできません。

ドクターヘリで運ばれた時の費用は?

ヘリでの搬送費用は無料です。

ただし,医師等が救急車内及びヘリ内で処置した治療費(往診料含む)は患者負担となります。

ドクターヘリには何人乗れるの?

ヘリの搬送人員は最大2名までです。

原則として御家族の方や付き添いの方は同乗できませんので,あらかじめ御了承ください。

 

ドクターヘリの運航に御協力をお願いします

ドクターヘリが離着陸する際には,消防職員等の指示に従っていただくとともに,近づかないようにしてください。

ドクターヘリの離着陸時に砂ぼこり,騒音が発生します。御理解と御協力をよろしくお願いします。


よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部地域医療整備課

電話番号:099-286-2666

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?