更新日:2016年9月23日

ここから本文です。

第14回鹿児島県臨床研修医合同研修会の開催報告

~明日の鹿児島の医療を担う若手医師の集い~

鹿児島県初期臨床研修連絡協議会では,臨床研修医や医学生の皆さんが,本県で医師としてキャリアを形成していくことをサポートするため,本年度1回目の『鹿児島県臨床研修医合同研修会~明日の鹿児島の医療を担う若手医師の集い~』を開催しました。

当日は,臨床研修医をはじめ190名の関係者が出席し,県内の臨床研修医による症例発表や鹿児島大学大学院医歯学総合研究科微生物学分野教授の西順一郎先生による医学講演が行われました。ご来場いただいた皆様,ありがとうございました。

議会では,今後もこの研修会を開催することとしています。

日時

平成28年9月10日(土曜日)13時30分~17時00分

場所

鹿児島県市町村自治会館(鹿児島市鴨池新町7-4)

参加人員

190名(研修医128名,指導医他62名)

研修会プログラム

研修医の発表(13時35分~15時35分)

研修医9名の方々から,体験した症例や研修をする中で感じたことなどの発表がありました。

医学講演(16時00分~17時00分)

講師:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科微生物学分野教授西順一

演題:「研修医に必要な抗菌薬療法の基本」

情報交換会(17時20分~19時00分)

研修医,臨床研修病院の関係者の方々が情報交換を行いました。

 

共催

鹿児島県初期臨床研修連絡協議会

大日本住友製薬株式会社

研修会の風景

研修会全景

研修医がこれまでに経験した症例等を発表しました

発表風景

指導医や研修医からも発表に対する質疑がありました

 

医学講演

西順一郎教授による医学講演では,多くの研修医が聞き入っていました

 

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部医師・看護人材課

電話番号:099-286-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?