更新日:2020年3月30日

ここから本文です。

第20回鹿児島県臨床研修医合同研修会の開催報告

~明日の鹿児島の医療を担う若手医師の集い~

鹿児島県初期臨床研修連絡協議会では,臨床研修医や医学生の皆さんが,本県で医師としてキャリアを形成していくことをサポートするため,『鹿児島県臨床研修医合同研修会~明日の鹿児島の医療を担う若手医師の集い~』を開催しました。

当日は,臨床研修医をはじめ153名の関係者が出席し,県内の臨床研修医による発表や県内で専門研修中の専攻医から臨床研修医に対するアドバイス等の発表のほか総合南東北病院外科医長中山祐次郎先生による医学講演が行われました。ご来場いただいた皆様,ありがとうございました。

議会では,今後もこの研修会を開催することとしています。

日時

令和2年1月25日(土曜日)13時30分~17時00分

場所

鹿児島県医師会館(鹿児島市中央町8-1)

参加人員

153名(研修医118名,指導医他35名)

研修会プログラム

研修医の発表(13時40分~14時40分)

7名の研修医が,これまでの経験等を発表しました。

専攻医の発表(14時55分~15時21分)

3名の専攻医が,自身の経験を踏まえ,研修医へ向けたアドバイス等を発表しました。

医学講演(15時21分~17時)

講師:総合南東北病院外科医長中山祐次郎

演題:「医師として勝つために-君はどう生きるか-」

主催

鹿児島県初期臨床研修連絡協議会

研修会の風景

研修会

県内各地から156人の研修医等が参加しました。

研修医

研修医の発表は,自身が学んだことや症例発表など多岐にわたりました。

研修会

専攻医の発表は,専門研修中の働き方や専門研修を受ける上でのアドバイス等の発表がありました。

研修会

中山祐次郎先生による医学講演では,「普段では聞けない話が聞けて良かった」との意見が多く,好評を得ました。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部医師・看護人材課

電話番号:099-286-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?