ホーム > 健康・福祉 > 高齢者・介護保険 > 県内介護施設等における先進的取組事例の紹介 > 先進的な介護技術(介護支援用ロボット導入)

更新日:2017年6月21日

ここから本文です。

先進的な介護技術(介護支援用ロボット導入)

先進的な介護技術(介護支援用ロボット導入)

ここでは、先進的な介護技術を導入している介護施設等の取り組みを紹介します。

1優良事例の紹介

負担の少ない介護を目指した介護支援用ロボットの導入

紹介施設別養護老人ホームルテンハイム加世田(南さつま市加世田武田13877)

社会福祉法人野の花会ホームページ

:介護職員の腰痛予防と負担軽減を目的として、介護支援用ロボットを導入。

移乗動作(日中おむつゼロ達成の為トイレでの排泄が主)での負担軽減を目指して、平成27年に介護支援用(腰タイプ)HALを導入。
職員による勉強会等を行い介護ロボットの活用を図るための工夫を行った結果、介護職員の負担軽減の効果を得ただけでなく、メディア等の取材を通じて、ご家族・スタッフの両親・学校の先生にもロボットに関心を持って貰うきっかけとなり、介護現場へのイメージチェンジに役立ちました。
結果、就職希望の方も増え介護職員の確保にも思わぬ効果があるなどのメリットを得ました。

:平成27年5台導入

実施主体:社会福祉法人野の花会

(導入施設:アルテンハイム加世田、ラポール吉井、カーサブランカ、アルテンハイム鹿児島)

視察等の可否/視察可⇒【問い合わせ先】電話:0993-52-8715E-mail:nonohana@po4.synapse.ne.jp

 

2鹿児島県介護ロボット導入支援事業を活用した事例の紹介

平成28年度に鹿児島県介護ロボット導入支援事業を活用して導入した施設の事例について紹介します。

(目的:広く介護ロボットの普及を促進することで,介護職員の負担軽減を図る等の処遇改善を行い,介護職員の確保を図る)

(補助内容:介護ロボット導入にあたり経費の2分の1を補助(1台あたり10万円を上限))

事例1移乗支援ロボット(装着型:介護用マッスルスーツ)の導入

導入施設:介護老人保健施設しらうめ(所在市町村:湧水町)

・事例概要はコチラ(PDF:67KB)

事例2認知症の方の見守り介護ロボット(離床センサー付き電動ベッド)の導入

導入施設:介護老人保健施設愛と結の街(所在市町村:鹿児島市)

・事例概要はコチラ(PDF:81KB)

事例3認知症の方の見守り介護ロボット(見守り支援システム(眠りスキャン))の導入

導入施設:介護老人福祉施設喜入の里,喜入の里(ユニット)(所在市町村:鹿児島市)

・事例概要はコチラ(PDF:76KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部高齢者生き生き推進課介護保険室

電話番号:099-286-2687

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?