ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医師・医療機関 > 新型コロナウイルス感染症関係 > 新型コロナウイルス感染症患者等に対する遠隔医療設備整備事業について

更新日:2021年6月29日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症患者等に対する遠隔医療設備整備事業について

新型コロナウイルス感染症患者等に対する遠隔医療設備整備事業

県では国の新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(医療分)を活用して,新型コロナウイルス感染症患者等に対する遠隔医療設備整備事業を実施します。

業概要

1業目的

新型コロナウイルス感染症の疑い患者,入院治療の必要のない患者等に対する情報通信技術を応用したオンライン医療相談・診療等体制の整備を支援することを目的としています。

2象医療機関

新型コロナウイルス感染症の疑い患者等で自宅診療を希望する者又は宿泊療養等を行う患者に対し,情報通信技術を応用した遠隔医療を実施する医療機関。(原則として診療・検査医療機関,入院協力医療機関)


3助対象経費等

(1)補助対象経費

遠隔医療の実施に必要な専用の情報通信機器(パソコン,タブレット端末,液晶ディスプレイ,ビデオ会議システム機器,カメラ,マイク,ヘッドセット,ルーター等)の整備費用(ソフトウェアの導入経費,リース料,通信費等の経常的な経費は補助対象外)

(2)補助率

10⁄10

(3)交付限度額

250千円

注:令和3年4月1日から9月30日までに納入された情報通信機器に係る経費が対象。

4付要綱等(申請の前に必ずお読みください)

5請様式

(1)交付申請

(2)事業の内容変更【該当する場合のみ】

(3)事業の中止(廃止)【該当する場合のみ】

(4)実績報告

(5)交付請求

(6)消費税額仕入控除税額

注:各様式について,押印欄は廃止されています。(押印不要)

6請について

(1)申請期間

令和3年7月16日まで【提出書類必着】

(2)申請書類提出先

〒890-8577鹿児島市鴨池新町10-1

鹿児島県くらし保健福祉部健康増進課型コロナウイルス感染症対策室事業推進班

メールアドレス:corona-jigyo@pref.kagoshima.lg.jp

7連資料(厚生労働省より)

 

 

ページの先頭へ戻る

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課新型コロナウイルス感染症対策室

電話番号:099-286-3420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?