更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

浮力と水の抵抗の効用

中では水の浮力のために体重が5分の1~6分の1に、つまり60kgの人なら約10kgくらいになります。

たがって手足のマヒや腰痛、関節痛のある人も、温水や水の中ではより楽に体を動かせます。

た身体がフワフワと軽くなる浮遊感は筋肉の緊張をとり、お母さんの胎内での記憶とも結びついて心身をリラックスさせるのです。

方、水中での運動は水の抵抗により筋力を高めることになり、さまざまなリハビリテーションに利用されます。

 

←前へ目次へ次へ→

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?