更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

温熱の効用

浴の温度は人によって好き好きですが、体温に近いぬるめの温度なら、心の落ち着きをもたらし、神経の働きもバランスがとれてきます。

た、温められることで身体のすみずみの小さな血管が拡がるため、心臓の負担は軽くなり、血圧も下がります。

行が良くなり、酸素や栄養が身体のなかにいきわたります。

時に疲労物質や余分な成分は排出され、血液もきれいになります。

節や筋肉の弾力性も増し、関節の痛みや筋肉のこりもやわらぎます。

た、冷え性や夜間の尿回数を減らし、寝つきもよくなり、深い睡眠に誘います。

 

目次へ次へ→

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?