更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

自然環境の効用

山岳や高山の温泉地

気中の酸素が少ないために血液成分が増加し、また、脈拍数や呼吸数も増え、心肺機能が高まります。また寒冷の刺激も心身を刺激し、爽快感を高めます。

海辺や湖畔・河畔の温泉地

に海辺ではオゾン濃度や日光(紫外線)による刺激作用が心身を強化します。湖や川、滝のある所は水粒子がマイナスイオンを帯び、心を鎮める効果があるともいわれます。

森林地帯の温泉地

の静けさと木々の緑、花、鳥の鳴き声などが精神を安定させます。また森林浴の名もある通り、植物から放出された殺菌作用のあるフィトンチッドという芳香成分や酸素にあふれた清浄な空気でより快適になります。

 

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?