更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

温泉の上手な入り方

1浴は、旅の疲れをひとまず癒してから

宿についたらゆっくり座ってお茶でも飲み、旅の疲れをひとまず癒し、落ち着いてから入浴しましょう。到着早々の入浴は、特に長距離のバス旅行の後等では心身の緊張や脱水、空腹のため交感神経の緊張が強く、熱い風呂はそれを更に助長するからです。

2い風呂、長時間の入浴、頻回の入浴は避ける

42℃以上の高温浴は血圧上昇、頻脈、不整脈、湯あたり、過剰な発汗を起こし全く良い点はありません。正味の入浴時間は温泉の温度にもよりますが、40~41℃なら5分を2回くらいが良いでしょう。また、1日の入浴回数は2回か、せいぜい3回にすべきです。何回も入るのは疲れのもとで、温泉の効果を台無しにします。

3事直後の入浴は避ける

浴によって、皮膚の血管が拡張して血流量が増えるため、胃や腸といった消化管の血流量が減り、消化、吸収の働きが低下します。食後は1時間以上経ってから入浴しましょう。

4動直後の入浴は避ける

浴時には体表面の血管が開いて大量の血液がそちらに移動し、筋肉への酸素供給や筋肉からの疲労物質の除去が減少するおそれがあります。運動の後はしばらく休憩して、心身ともに落ち着いてから入浴しましょう。

5に酔っての入浴は避ける

酒を飲むと血管が拡張して、血圧低下や心拍数が増加しますが、入浴によってさらに血圧低下や心拍数の増加を助長し、脳貧血や不整脈を引き起こし危険です。

6かかり湯、かぶり湯」の実行

泉の温度に身体を慣らし、入浴初期の血圧上昇や、入浴後の脳貧血、湯あたりを防ぎましょう。

7浴の始めは半身浴で

槽には静かに入り、初めは横隔膜の高さ、胸の線まで3~5分浸ります。

8槽内での軽い運動

々した温泉の浴槽内を歩いたり、縁に腰掛けて、湯を蹴るように膝の運動をします。腹をふくらましたり、へこましたりの腹筋運動や肩の上下回転運動、首の回転等の運動を、目を閉じて行うのも良いでしょう。

9泉の成分を真水の湯で洗い流さない

泉からあがる際、真水の湯で流したりすると温泉の成分が肌から流れ落ち、温泉の保温効果が得られません。ただし、皮膚がかぶれやすい人は酸性泉や硫黄泉等ではあがり湯で流すようにします。

10度の石けん使用は避ける

齢者や肌の弱い人にとって、頻回浴や過度の石けん等の使用は、皮膚の脂肪や保湿たんぱく質を過剰に落とし、肌あれや乾燥、かゆみのもとになります。

11あがりは身体を十分乾かし、1時間の休息を

あがりは乾いたタオルで水滴を十分拭い、頭髪も十分乾かします。濡れたままでは寝ている間に熱が奪われカゼを引くことがあります。急激に身体が冷えぬように浴衣をまとい、1時間くらいは休憩しましょう。

12浴後は水分補給を

浴による発汗や利尿により、多量の水分が失われます。それは血液の粘度を高め、高齢者では脳血栓や心筋梗塞の誘因にもなります。出浴後、特に夜、就寝前には、コップ1~2杯の水分を補給するようにしましょう。

 

←前へ目次へ次へ→

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?