更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

単純温泉

単純温泉の適応症

1

疲労回復、神経痛、不眠症、動脈硬化症、高血圧症、慢性皮膚病、虚弱児、慢性婦人病、月経障害、慢性消化器病、便秘、慢性胆のう炎、胆石症、肝臓病、肥満、糖尿病、やけど、きりきず等

2

慢性胃炎、尿路結石、膀胱炎、高尿酸血症等

植田理彦:「温泉はなぜ体によいか」

 

 

泉水1kg中の塩分含量が1g以下のものをいいます。我が国に多く、「中風の湯」「神経痛の湯」としての名湯が多く、含まれている成分によって、単純食塩泉、単純重曹泉等の名称で呼ばれます。

 

1

多くの症状に用いられます。一般に身体に対して刺激が少ないので多くの人に利用できます。

2

胃の粘膜に弱い刺激が加わり、慢性胃炎によく、また利尿作用がありますから、尿路結石、膀胱炎等にも用いられます。尿酸の多い人にも有効です。

 

←前へ目次へ次へ→

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?