更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

炭酸水素塩泉

重炭酸土類泉

重炭酸土類泉の適応症

1

アレルギー性疾患、慢性皮膚病、じんましん、慢性消化器病、肝臓病、肥満、糖尿病、痛風、やけど、きりきず等

2

痛風、尿酸結石、膀胱炎、糖尿病、肝臓病、慢性消化器病等

植田理彦:「温泉はなぜ体によいか」

 

1

含有金属イオン(カルシウムイオン、マグネシウムイオン)が、鎮静効果やけいれんを緩めたり、炎症を抑える働きをします。

2

尿量が増して尿酸排泄作用が高まるので、痛風、尿酸結石、膀胱炎に用います。また、血糖値を下げる働きもあるので糖尿病にも用いられます。

重曹泉(重炭酸ナトリウム塩泉)

重曹泉の適応症

1

慢性消化器病、慢性胆のう炎、胆石症、肝臓病、肥満、糖尿病、痛風、やけど、きりきず等

2

過酸性胃炎、慢性胆のう炎、痛風、慢性消化器病、胆石症、肝臓病、肥満、糖尿病

植田理彦:「温泉はなぜ体によいか」

 

1

重曹泉はアルカリ性のため、皮膚の角質層を軟化させ、皮脂や分泌物を乳化させる作用があるので、肌がきれいになります。したがって皮膚表面からの水分の発散が盛んになり、体温が放散されて、清涼感、冷感を覚えるので「冷やの湯」とも呼ばれています。また、肌をなめらかにするので「美人の湯」とも言われ、人工入浴剤にもしばしば入っています。あまり頻回に入ると、皮脂が洗い流されるので人によっては浴後肌がカサカサする場合があります。

2

胃酸が中和され、過酸性胃炎、慢性胆のう炎等に良く「肝臓の湯」とも呼ばれます。痛風については尿酸の排泄を高めます。

 

←前へ目次へ次へ→

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?