更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

食塩泉(ナトリウム塩化物泉)

食塩泉の適応症

1

リウマチ性疾患、冷え性、打撲傷、捻挫、不妊症、女性性器疾患、慢性皮膚病、虚弱児、慢性婦人病、月経障害、貧血、慢性消化器病、便秘、肥満、やけど、きりきず等

2

便秘、胃腸疾患、慢性消化器病、貧血、便秘、痔等

植田理彦:「温泉はなぜ体によいか」

が国では、単純温泉についで多い泉質です。「塩」という字のついた温泉は、ほとんどがこの食塩泉です。なめると塩味がします。

1

入浴後肌に塩分がついて、熱の放散や汗の蒸発が妨げられるので、保温効果が強く「熱の湯」とも呼ばれます。石けんの泡立ちが悪いので、身体を洗うときは普通のお湯を使用します。弱食塩泉は、刺激が少なく高齢者に適しますし、病後の回復にもすすめられます。

2

便秘、胃腸疾患に用いられ「胃腸の湯」とも言われます。しかし高血圧症、心臓・腎臓疾患等のむくみのある時には多量の飲用はひかえましょう。

 

←前へ目次へ次へ→

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?