更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

酸性泉

酸性泉の適応症

1

水虫、トリコモナス膣炎、疥癬、慢性皮膚病、慢性婦人病、貧血、慢性消化器病、便秘、肥満、糖尿病、きりきず等

2用(水で希釈してから飲むこと)

慢性消化器病、貧血、便秘、肥満、糖尿病等

植田理彦:「温泉はなぜ体によいか」

 

 

1

 

水虫、トリコモナス膣炎、疥癬等に有効です。酸性泉は、刺激が強いので、高齢者や病弱者、皮膚の弱い女性等には適しません。肌の弱い人は、股、わきの下、へそ等がただれることがありますが、入浴後、真水で流すとこの湯ただれを防ぐことができます。

2

水で希釈して飲まないと歯を痛めます。

 

←前へ目次へ

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?