閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 県民の皆さまへ > 県の取り組み > 飲食店等におけるワクチン・検査パッケージ制度及び対象者全員検査の登録について

更新日:2022年6月26日

ここから本文です。

飲食店等におけるワクチン・検査パッケージ制度及び対象者全員検査の登録について

国は感染対策と日常生活の回復の両立に向けて,飲食など各分野における行動制限の緩和を可能とするため,「ワクチン・検査パッケージ制度」を創設し,加えて,「対象者全員検査」を活用することによる緩和を可能としました。


本県においても,感染拡大を防止しながら日常生活や社会経済活動を維持できるよう,飲食店等における「ワクチン・検査パッケージ制度」及び「対象者全員検査」の適用を希望する事業者の登録を行っています。


※現在,「ワクチン・検査パッケージ制度の適用は中止していますが,「対象者全員検査の登録を行うことで,「ワクチン・検査パッケージ制度と同様の行動制限の緩和を行うことができます。

1.対象事業者

(1)鹿児島県飲食店第三者認証制度の認証を受けた飲食店(以下「第三者認証店」という。)
第三者認証店以外の飲食店については,第三者認証制度の申請を行う際に併せて,「ワクチン・検査パッケージ制度」及び「対象者全員検査」の登録を行うことが可能です。
第三者認証制度の申請(外部サイトへリンク)

(2)飲食を主として業としていないカラオケ店
食品衛生法(昭和22年法律第23号)に基づく営業許可(飲食店,喫茶店又は菓子製造業に係る許可に限る。)を受けていないカラオケ店。

2.登録を受けた事業者に対する行動制限の緩和について

(1)ワクチン・検査パッケージ制度(※現在,適用を中止しています。)

ワクチン接種歴又は検査結果の陰性のいずれかを確認することにより,感染リスクを低減させ,緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等において課される行動制限が緩和されます。

行動制限の緩和

  • 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置又は感染拡大傾向がみられるときに,利用者の人数制限(同一グループ・同一テーブル4人以下)の要請が行われた場合でも,同一グループ・同一テーブルでの5人以上の会食を行わせることが可能
  • 緊急事態宣言下において,酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等に対して,休業要請が行われた場合でも,第三者認証店及び飲食を主として業としてない店舗については,収容率の上限を50%に制限し,カラオケ設備の提供が可能

※緊急事態宣言区域においては,酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店(利用者による酒類の店内持込みを認めている飲食店を含む。なお,酒類及びカラオケ設備の提供を取り止める場合を除く。)に対し,休業要請が行われますが,知事の判断により,第三者認証店における時短営業や,ワクチン・検査パッケージ制度を適用した場合のカラオケ設備の提供が認められます。

留意事項

  • ワクチン・検査パッケージ制度の登録を受けた第三者認証店は,同一グループ・同一テーブルでの5人以上の会食を行わせる場合には,当該5人以上の利用者全員のワクチン接種歴又は検査結果の陰性を確認すること。
  • ワクチン・検査パッケージ制度の登録を受けた第三者認証店及び飲食を主として業としていないカラオケ店について,緊急事態宣言区域において,カラオケ設備を提供する場合には,来店者全員のワクチン接種歴又は検査結果の陰性を確認すること。
  • 感染が急速に拡大し,医療提供体制のひっ迫が見込まれる場合等においては,政府・県の判断でワクチン・検査パッケージを適用せず,強い行動制限を要請することがある。

ワクチン・検査パッケージ制度について(内閣官房)
https://corona.go.jp/package/(外部サイトへリンク)

(2)対象者全員検査

対象者全員の検査結果の陰性を確認することによりワクチン・検査パッケージ制度と同様の行動制限の緩和を受けることができます。

※「対象者全員検査」を実施する飲食店等の県への登録方法,行動制限の緩和の適用範囲等は「ワクチン・検査パッケージ制度」に準じます。

3.登録店におけるワクチン接種歴・検査結果の確認方法

(1)ワクチン接種歴の確認(ワクチン・検査パッケージ制度のみ)

  • 予防接種済証等(接種証明書,接種記録書等を含む。)により,利用者が2回接種を完了していること,2回目接種日から14日以上経過していることを確認する。
  • 予防接種済証等を撮影した画像や写しの確認でも可
  • 身分証明書(運転免許証,マイナンバーカード等の公的証明書の他,健康保険証や学生証等)により本人確認を行う。

(2)検査結果の陰性の確認

  • 検査実施者が発行したPCR検査等(LAMP法等の核酸増幅法,抗原定量検査を含む。)又は抗原定性検査の結果通知書等により,利用者の検査結果が陰性であることを確認する。
  • 検査結果の有効期限について,PCR検査等の場合は検体採取日より3日以内,抗原定性検査の場合は検体採取日より1日以内
  • 未就学児(おおむね6歳未満)については,同居する親等の監護者が同伴する場合には検査が不要(6歳以上~12歳未満の児童については,検査結果の陰性の確認が必要)
  • 身分証明書(運転免許証,マイナンバーカード等の公的証明書の他,健康保険証や学生証等)により本人確認を行う。

4.登録の流れ

(1)緊急事態宣言やまん延防止等重点措置又は感染拡大傾向がみられるときに制限緩和を適用するか検討

  • 利用人数の制限が要請された場合でも,同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を行わせる。
  • 緊急事態宣言区域となった場合でも,収容率の上限を50%としつつカラオケ設備を提供する。

(2)登録の申請

専用ウェブサイトからオンライン申請又は郵送により申請を行ってください。

VTP5(外部サイトへリンク)

(3)調査員による現地調査(飲食を主として業としていないカラオケ店に限る。)

飲食を主として業としていないカラオケ店は,鹿児島県飲食店第三者認証制度の認証基準に準じた現地調査を受けていただきます。

第三者認証制度事務局から調査員による現地調査の日程調整の連絡があります。

(4)登録ステッカーの受け取り

第三者認証店から登録の申請があった場合や飲食を主として業としていないカラオケ店の感染対策が確認された場合,登録ステッカーを交付(郵送)します。

登録ステッカーは利用者のわかりやすい場所に掲示してください。

(お知らせ)飲食を主として業としていないカラオケ店は,申請後,日程を調整の上,現地調査を行い,感染対策を実施しているか確認する必要があるため,申請受付から登録までに3週間程度要する場合があります。現地確認で感染対策が不十分な場合などは,それ以上に時間がかかることもありますので御了承ください。

5.登録申請書の提出先


ワクチン・検査パッケージ制度等(飲食)登録申請書(WORD:19KB)
ワクチン・検査パッケージ制度等(飲食)登録申請書(PDF:140KB)

〒892-0848
鹿児島県鹿児島市平之町9-33牧野ビル5階
鹿児島県飲食店第三者認証制度事務局
TEL:050-3183-0094FAX:099-295-6206

飲食店第三者認証制度事務局_専用ホームページ(外部サイトへリンク)

  • 専用ホームページからオンラインで申請することもできます。

6.その他

(1)この登録制度は,「鹿児島県ワクチン・検査パッケージ制度等(飲食)実施要綱(PDF:64KB)」に基づき実施します。

(2)個人情報の取扱いについては「鹿児島県ワクチン・検査パッケージ制度等(飲食)に係る個人情報の取扱いについて(PDF:64KB)」を参照してください。

7.参考

最新の要綱・事務連絡・Q&A等は内閣官房新型ホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

8.問い合わせ先

〒892-0848
鹿児島県鹿児島市平之町9-33牧野ビル5階
鹿児島県飲食店第三者認証制度事務局
TEL:050-3183-0094FAX:099-295-6206
MAIL:kagoshimadai3ninsho@gmail.com
平日:9時00分~17時00分(土・日・祝日は休業)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部新型コロナウイルス感染症感染防止対策課

〒892-0848
鹿児島県鹿児島市平之町9-33 牧野ビル5階
鹿児島県飲食店第三者認証制度事務局
TEL:050-3183-0094
MAIL:kagoshimadai3ninsho@gmail.com
平日:9:00~17:00(土・日・祝日は休業)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?