ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 福祉のまちづくり > 広報誌「ありば」 > 福祉のまちづくり広報誌「ありば」とは

更新日:2014年6月22日

ここから本文です。

福祉のまちづくり広報誌「ありば」とは

  • 「バリア」の逆は「ありば」
    バリアフリーな社会を築くために,本誌はバリア反対!の意を込めて,「ありば」というタイトルにしました。
    みんなに住みよいまちを,みんなで築くために。
    人と人とのバリアフリーコミュニケーションをご紹介する広報誌,それが「ありば」です。

    (特集)リアフリーやユニバーサルデザインに関する話題を紹介
    (ありばヒューマンドキュメント)害をもちながらも自立しチャレンジする方とサポートする人々を紹介
    (ありば通心)害もつ方との交流活動を紹介
    (バリアフリー最前線)リアフリーに関する先駆的事例やバリアフリー化された店舗等の紹介
    (ハードルを越えて)害というハードルを越えて活躍する方のエッセイを紹介
    などを掲載しています。

  • 視覚に障害を持つ方のために,本誌の点字及び録音図書を鹿児島県視聴覚障害者情報センターに備え付けてあります。
    (鹿児島市小野一丁目1-1ートピアかごしま3階TEL099-220-5896)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部障害福祉課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?