ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 身体障害者福祉 > 身体障害者の支援 > 身体障害者手帳の視覚障害に関する認定基準の取扱いが見直されました

更新日:2018年7月24日

ここから本文です。

身体障害者手帳の視覚障害に関する認定基準の取扱いが見直されました

視覚障害の認定基準に関して,日本眼科医会,日本眼科学会等より,見直すべき点があるとの指摘がありました。

その指摘を受けて医学的見地から検討を行い,視覚障害に関する認定基準の取扱いが一部改正され,平成30年7月1日から適用されます。

(平成30年6月30日までに作成された診断書・意見書については,従前のとおりの取扱いとなります。)

詳細については,以下の資料を御参照ください。

(資料)

「身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について」の一部改正について(PDF:1,264KB)

「身体障害認定基準の取扱い(身体障害認定要領)について」の一部改正について(PDF:510KB)

「身体障害認定基準等の取扱いに関する疑義について」の一部改正について(PDF:1,266KB)

リーフレット(PDF:150KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部障害福祉課

電話番号:099-286-2760

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?