ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害福祉全般 > お知らせ > 遠隔手話通訳サービスを開始します!

更新日:2020年9月1日

ここから本文です。

遠隔手話通訳サービスを開始します!

視聴覚障害者情報センターでは、新型コロナウイルス感染症の相談をして、病院を受診することになった場合や災害発生時(避難発生時)には、遠隔手話通訳サービスを受けることができます。

覚障害者と手話通訳者が対面せず、離れた場所でスマートフォンやタブレットを使用して、手話通訳を受けるサービスです。

利用対象者

内在住の手話通訳を必要とする聴覚障害者

利用時間

前8時30分~午後5時まで(開館日のみ)

館日:火曜日(その日が祝日にあたるときは、その日の翌日)及び年末年始(12月29日~1月3日まで)

実施期間

和2年9月2日~

利用料

利用方法

下記の「遠隔手話サービス利用申請書」を県視聴覚障害者情報センターに原則、1開館日前までに送付ください。(緊急時を除く)

※1開館日前とは、例えば9月10日に遠隔を利用する場合は、1日前の9月9日という意味です。

遠隔手話サービスの使い方

  1. 遠隔手話通訳サービスを使うための準備をします。
  2. 使用するアプリはLINE又はSkypeです。
  3. ご自分の端末をお持ちの方は、下記のQRコードから事前に登録をお願いします。
  4. ご自分の端末をお持ちでない方は、お住まいの市町村の福祉窓口等で貸出用タブレットを設置している場合は、無料で借りて使うことが出来ますのでお問合せください。
  5. 当日、指定された病院へ到着したら、接続状況を確認するためアプリを起動して試してください。
  6. 診察室に入る前に、再度アプリを起動して手話通訳者に通信接続して利用します。

ラインロゴ

LINE

スカイプロゴ

Skype

ライン

スカイプ

利用イメージ図

 

利用イメージ図

ご注意とお願い

  • このサービスの利用は、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合や災害時(避難発生時)に利用できますが、その他の場合は、通常どおりお住まいの市町村へ手話通訳の派遣依頼をしてください。
  • ご自分のスマートフォンまたはタブレットを使用していただきます。手話をしやすいように、ホルダー(置き台)などをご用意ください。
  • LINE又はSkypeの使用料は無料ですが、データ通信にかかる費用が発生します。

問合せ先

鹿児島県視聴覚障害者情報センター

890-0021鹿児島市小野1丁目1-1

TEL:099-220-5896

FAX:099-229-3001

E-mail:s-akiko@shichocenter.kagoshima.kagoshima.jp

事業は、鹿児島県が社会福祉法人鹿児島県身体障害者福祉協会に委託し、鹿児島県視聴覚障害者情報センターが実施する事業です。

 

チラシ(PDF:1,397KB)

利用申請書(WORD:24KB)

利用申請書(PDF:216KB)

聴覚障害者向け「遠隔手話通訳サービス学習会」の開催

チラシ(PDF:616KB)

申込書(WORD:23KB)

申込書(PDF:365KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部障害福祉課障害者支援室

電話番号:099-286-2746

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?