ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成23年度 > 株式会社夢かのや は鹿屋市と立地協定を締結しました

更新日:2011年8月24日

ここから本文です。

株式会社夢かのや は鹿屋市と立地協定を締結しました

H230601立地協定((株)夢かのや)
 
 株式会社 夢かのやは,農産物全般の加工及び販売等を行うため平成22年12月に設立されました。
 これまで,国産原材料の産地形成と安定的な供給連鎖を構築するため,地域の農業生産者や食品製造業者等が「大隅地区サプライチェーン協議会」を平成21年3月設置。同協議会では,農林水産省の「国産原材料サプライチェーン構築事業」を活用し,地元農産物の栽培・加工・流通等に関する実証実験等を実施しているところですが,今回,サプライチェーン構築事業の一環として,新たに農産物処理加工施設を整備するため,同社を設立し,工場の立地を決定したものです。
 今回の立地は,農家が安心して農産物を生産できる環境を整えることにより,担い手の育成・確保,耕作放棄地の解消などに繋げたいという思いから実現したものであり,同施設では,大隅地域で周年栽培される葉ねぎを中心とした各種野菜(ほうれん草や小松菜,さつまいもなど)のカットやボイルのほか,野菜を利用したドレッシングの製造など,消費者や量販店のニーズに沿った様々な加工を行うこととしています。このことにより,これまで利用価値の低かった過剰野菜や規格外野菜の有効利用が期待されます。
 また,商品は主に関西地区に出荷予定で,同社では,稼働開始1年後(平成25年4月)には約100名の雇用を計画しています。
 今回の立地により,農家の所得向上や新たな雇用の創出が図られ,今後の地域経済の発展に大きく寄与するものと期待されます。
 

立地協定日

平成23年6月1日(水)

株式会社夢かのや の概要

所在地    鹿児島県鹿屋市田淵町1556番地2
設立         平成22年12月1日
代表者    代表取締役 福永 寿一
資本金    350万円
事業内容   農産物全般の加工及び販売等

新工場の概要

事業所名    株式会社夢かのや 農産物処理加工施設
所在地     鹿児島県鹿屋市下堀町9590番地4及び9590番地5
用地面積   2,995平方メートル
建物面積   1,632平方メートル(延床面積2,904平方メートル)
着工予定   平成23年6月
従業員数   約30名(将来計画約100名)
投資予定額  約6億8千万円
操業予定   平成24年4月
事業内容   農産物全般の加工及び販売等
売上計画   約2億38百万円(初年度)
 
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?