ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成23年度 > 農事組合法人エヌチキンは南九州市と立地協定を締結しました

更新日:2012年3月5日

ここから本文です。

農事組合法人エヌチキンは南九州市と立地協定を締結しました

立地協定調印式農事組合法人エヌチキン
 
事組合法人エヌチキンと南九州市は,同社の工場増設に伴い,県の立ち会いで平成24年2月15日に立地協定を締結しました。
事組合法人エヌチキンは,一般的に認知されているブロイラーではなく,採卵を目的とした鶏を最終的に肉用に活用する成鶏処理業として,平成13年10月に新工場を稼働。成鶏の処理は600万羽/年(全国シェア約7%),種鶏の処理は200万羽/年(全国シェア約40%)で,単一工場での国内最大規模を有しています。

常の食生活の中で食する「卵」や「若鶏」は元々親鶏から生まれるもので,採卵養鶏業者にとって,この親鶏の処分は,必要不可欠な問題です。「卵」や「若鶏」の生産,淘汰のサイクルの中で,親鶏の有効活用をしなければ,卵や鶏肉の産業自体が成り立たなくなるものであり,農事組合法人エヌチキンおいては,この親鶏を有効利用することが,採卵養鶏業を営む方への恩返しであり,社会への貢献であるとの考えの下,日々営業を行っています。
回の加工場の整備は,今後レトルト加工食品の需要が見込まれることから決定されたものであり,これまで外注していたレトルト加工製品を自社で製造することが可能になります。また,イスラム教徒向けの食材,食品であるハラルフードの供給を新たに開始するなど,海外向けの販売展開も図ることとしています。
回の工場増設により,地域における雇用の創出,活性化はもとより,地域経済の浮揚発展に大きく貢献するものと期待されます。

立地協定日

成24年2月15日(水曜日)

農事組合法人エヌチキンの概要

  1. 所在地………鹿児島県南九州市知覧町郡3669番地
  2. 設立…………平成12年4月
  3. 代表者………代表理事弘(とくみつしひろ)
  4. 資本金………700万円
  5. 従業員数……186名
  6. 年商…………約25億円
  7. 事業内容……採卵親鶏,ブロイラー鶏種の食肉加工

増設工場の概要

  1. 工場名………農事組合法人エヌチキン加工場
  2. 所在地………鹿児島県南九州市知覧町郡3638番地
  3. 用地面積……12,805.88平方メートル
  4. 建物面積……289.59平方メートル(延床面積1,015.2平方メートル)
  5. 着工…………平成24年1月
  6. 操業予定……平成24年8月
  7. 投資予定額…約1億8千万円
  8. 新規雇用者…13名(予定)
  9. 事業内容……レトルト加工製品の製造・加工
  10. 生産計画……約1億5千万円

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?