ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成26年度 > 株式会社アグレックスは奄美市と立地協定を締結しました

更新日:2019年6月14日

ここから本文です。

株式会社アグレックスは奄美市と立地協定を締結しました

agrex
※山口代表取締役社長(中央),朝山奄美市長(右)

 

株式会社アグレックスは,損害保険会社の保険証券発行サービスを行うため,昭和40年9月に株式会社日本能率コンサルタントとして設立し,データ入力センターの開設や,カナタイプ技術を応用した連想入力(注1)方式による漢字情報処理サービスの提供など,他社に先駆けた事業展開を図り,平成3年1月,現社名に変更しました。

同社では現在,ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO(注2))事業を柱として,システムインテグレーション(SI(注3))事業,ソフトウェアソリューション(SS(注4))事業を展開しており,特にBPO事業においては,国内のみならず,ベトナムにおいても高品質かつ低価格でサービスを提供できる体制を構築し,金融業界を中心にデータ入力やデータベース構築など,顧客管理に関する様々な業務支援を行っています。

今回の新事業所の設置は,首都圏からのアクセスがよく,優秀な人材を確保できる奄美市において,データ入力業務のスピードアップと品質向上を目的として決定されました。

これにより地域における雇用の創出,活性化はもとより,地域経済の浮揚発展に大きく貢献するものと期待されます。

 

(注1)連想入力:漢字をカナ2タッチの連想コードで入力する方法(例:ハム→公,ヘハ→紙)で,ローマ字変換と比べて入力効率が数倍になり,漢字の入力精度も向上する。

(注2)BPO(Business Process Outsourcing):経理・総務など,企業の事務処理部門の業務を外部企業に委託すること。

(注3)SI(System Integration):情報システムの企画・設計からシステム開発,インフラ構築,運用・保守までを一貫して支援し,顧客に最適なソリューションを提供すること。

(注4)SS(Software Solution):自社開発のソフトウェアパッケージや他社商品を組み合わせ顧客の情報管理の課題解決を支援すること。

立地協定日

平成26年5月22日(木曜日)

株式会社アグレックス(外部サイトへリンク)の概要

(1)所在地:東京都新宿区西新宿二丁目6番1号新宿住友ビル

(2)社歴:昭和40年9月9日設立,平成18年9月東証一部上場

(3)代表者:代表取締役社長山口勝規(やまぐちかつのり)

(4)資本金:12億9,200万円

(5)年商:312億1,300万円(平成26年3月期/連結)

(6)従業員数:2,344名(平成26年3月現在/連結)

(7)事業内容

各種業務プロセスの企画,設計,開発,構築,運営および運用処理に係る事業

情報システムに関連するネットワーク,ソフトウェア,ハードウェア,データベース等の企画,設計,開発,製造,構築,保守および販売に係る事業

新設事業所の概要

(1)事業所名:アグレックス奄美センター

(2)所在地:鹿児島県奄美市名瀬末広町18番25号

(3)面積:125.7平方メートル(38坪)

(4)操業開始:平成26年5月

(5)投資予定額:2,500万円

(6)新規雇用者数:8名(予定)

(7)事業内容:データエントリー業務

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?