ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成26年度 > 有限会社森山水産は垂水市と立地協定を締結しました

更新日:2019年6月13日

ここから本文です。

有限会社森山水産は垂水市と立地協定を締結しました

moriyamasuisan
※森山増美表取締役(中央),尾脇雅弥水市長(右)

有限会社森山水産は、平成6年1月に垂水市において水産養殖業として創業しました。

現在、垂水市牛根の穏やかな鹿児島湾奥に保有する124基のいけすで、ブリ、ハマチ、タイ、カンパチ約46万匹を養殖し、活魚の販売や水産加工品の外部委託による製造・販売を行っています。活魚は漁協や大阪、福岡の市場に、加工品は関東、関西の小売店を中心に販売しているほか、6kgを超える大型のブリは、地元の水産加工業者等へ販売され、アメリカをはじめ海外に輸出されています。

同社は、消費者の「魚離れ」による需要減少に加え、燃料費や餌代等のコスト高騰により、近年利益率が低下傾向にあることから、消費者ニーズを踏まえた製品の開発・加工による収益の改善や経営の多角化・高度化及び安定化を図る目的で、今回、養殖した水産物の自社加工を行う工場新設を計画しました。

新設する工場においては、地域ブランドであるブリ「ぶり大将」やハマチのフィレ加工・真空パック化を行うとともに、燻製した塩ブリやこれまで残渣として廃棄処分していたブリの「あら」や「かま」を使った商品の開発・加工・販売を行う計画であり、併せて、垂水市や現在取引のある海産物専門の運送会社、卸売業者と情報ネットワークを形成し、消費動向をとらえた計画的な生産を行うこととしています。

なお、この計画は、本年2月、国による6次産業化事業計画の認定を受けたところであり、国の支援も活用しながら取り組んでいくこととしています。

これにより、地域における雇用の創出、活性化はもとより、地域経済の浮揚発展に大きく貢献するものと期待されます。

立地協定日

平成26年8月22日(金曜日)

有限会社森山水産の概要

(1)所在地:鹿児島県垂水市牛根麓1306番地

(2)社歴:平成6年1月設立

(3)代表者:代表取締役

(4)資本金:500万円

(5)年商:約7億円

(6)従業員:15名

(7)業種:魚類養殖業、水産物の加工及び販売

新設工場の概要

(1)工場名:有限会社森山水産産加工場

(2)所在地:鹿児島県垂水市牛根麓冷蔵庫団地9-4

(3)用地面積:1,500平方メートル

(4)建物面積:750平方メートル

(5)着工予定:平成26年9月

(6)新規雇用者:20名

(7)投資予定額:約2億2千万円

(8)操業予定:平成26年12月

(9)事業内容:ブリ、ハマチ、タイ、カンパチの加工及び販売

(10)生産計画:初年度約10億円

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?