ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成26年度 > 日本ハードウェアー株式会社は大崎町と立地協定を締結しました

更新日:2019年6月14日

ここから本文です。

日本ハードウェアー株式会社は大崎町と立地協定を締結しました

日本ハードウェアー株式会社協定式写真

小川表取締役(中央),東長(右)

本ハードウェアー株式会社は、昭和36年、愛知県名古屋市で有限会社小川鉄工所として創業。同社は「安定した品質」、「長寿命」をコンセプトに、鍛造用の金型や工具を製造・販売しているメーカーであり、特にセグメント金型(注1)や精密冷間鍛造(注2)用金型は国内外で高い評価を受けており、主に自動車関連メーカーに製品を供給しています。

社は平成元年に大崎町に進出、平成9年には冷間鍛造用金型の高度化を目指した応力解析と解析設計による試作研究を行うための研究開発センターを設置し、以降、生産能力の拡大や業務集約によるコストダウン等を図るために工場増設を3回も実施するなど、順調に事業を拡大してきました。
回の工場増設は、自動車関連メーカー等の顧客からの増産要請に応えるため、製品の仕上げ部門を増強し、生産性の向上を図ろうとするものです。これにより、地域における新たな雇用創出はもとより、地域経済の活性化に寄与するものと期待されます。

(注1)セグメント金型:早期の割れが発生しそうな応力の高いコーナーを分割してある金型。破損・摩耗を防ぎ、長寿命化を図ることができる。
(注2)冷間鍛造:素材を加熱せずに、常温で一定以上の力を連続的に加えて成形する加工。素材をそのまま加工するため、切削加工と違い材料ロスも少ない上に加工スピードが早く、また、熱間鍛造等に比べ熱による歪みも少ないことなどが特徴。

立地協定日

平成26年10月20日(月曜日)

日本ハードウェアー株式会社鹿児島工場の概要

(1)所在地……鹿児島県曽於郡大崎町永吉5875番地
(2)用地面積…27,390平方メートル
(3)建物面積…3,310平方メートル
(4)操業開始…平成元年12月(立地協定成元年2月)
(5)従業員数…51名(平成26年1月現在)
(6)事業内容…冷間圧造用工具の製造・販売

増設工場の概要

(1)工場名………日本ハードウェアー株式会社鹿児島工場
(2)所在地………鹿児島県曽於郡大崎町永吉5875番地
(3)用地面積……27,390平方メートル(既存敷地内)
(4)建物面積……312平方メートル(増築)
(5)着工予定……平成26年12月
(6)操業予定……平成27年3月
(7)投資予定額…約2億1,000万円
(8)新規雇用者…13名
(9)事業内容……冷間圧造用工具の製造・販売
(10)生産計画…約1億5,000万円(初年度)

日本ハードウェアー株式会社(外部サイトへリンク)の概要

(1)所在地…愛知県名古屋市南区豊二丁目41番21号
(2)設立……昭和39年3月(創業和36年12月)
(3)代表者…代表取締役治(おがわすはる)
(4)資本金…5,300万円
(5)年商……13億円
(6)従業員…87名(平成26年1月現在)
(7)業種……割型セグメント金型,冷間圧造用工具等の製造・販売

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?