ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成26年度 > 日本特殊陶業株式会社はさつま町と立地協定を締結しました

更新日:2019年6月14日

ここから本文です。

日本特殊陶業株式会社はさつま町と立地協定を締結しました

20150326ngk

写真:日本特殊陶業株式会社鹿児島宮之城工場之脇副参事(中央),日髙町長(右)

本特殊陶業株式会社は,昭和11年10月我が国最初のスパークプラグメーカーとして設立されました。

社製品は,自動車,オートバイのほか,航空機,船舶,農林・産業用など幅広い分野において,国内はもとより,世界各国で愛用されており,現在では,点火用プラグで世界シェアの約4割を占める世界最大手のスパークプラグメーカーです。

社の鹿児島宮之城工場は,昭和49年に国内4番目の工場として操業を開始して以来,年次的な工場の拡充を経て,順調に業績を拡大し,平成20年には第2セラミック棟の増設を行うなど,生産体制の充実・強化を図っており,現在では従業員741名で月2,700万個のスパークプラグを生産し,1工場あたりの生産量では世界一を誇る工場となっています。

回の鹿児島宮之城工場の増設は,白金・イリジウムなどの貴金属を用いた高付加価値モデルのスパークプラグの受注増・需要の拡大などに対応し,同社が中長期目標として掲げる「2020年までにスパークプラグの世界シェア50%達成」を目指すため,工場の増設により,更なる増産を図るものです。

れにより,地域における新たな雇用創出はもとより,地域経済の浮揚発展に大きく寄与するものと期待されます。

立地協定日

平成27年3月26日(木曜日)

日本特殊陶業株式会社鹿児島宮之城工場の概要

(1)所在地:鹿児島県薩摩郡さつま町田原2238-1

(2)用地面積:217,020平方メートル

(3)建物面積:54,000平方メートル

(4)従業員数:741名(平成27年3月1日現在)

(5)事業内容:スパークプラグの製造

増設工場の概要

(1)工場名:日本特殊陶業株式会社鹿児島宮之城工場

(2)所在地:鹿児島県薩摩郡さつま町田原2238-1

(3)用地面積:217,020平方メートル(既存敷地)

(4)建物面積:5,013平方メートル※延べ面積

(5)着工予定:平成27年4月

(6)操業予定:平成28年4月

(7)新規雇用予定者:約40名

(8)投資予定額:約30億円

(参考)日本特殊陶業株式会社の概要(外部サイトへリンク)

(1)所在地:愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-18

(2)設立:昭和11年10月

(3)代表者:代表取締役社長尾堂真一

(4)資本金:478億円

(5)売上高:3,297億円(平成26年3月現在)

(6)従業員数:5,809名(平成26年月現在)

(7)業種:スパークプラグ及び内燃機関用関連品の製造,販売,ニューセラミック及びその応用,商品の製造,販売,その他

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?