ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成26年度 > 株式会社エー・ジェー・シーは鹿児島市と立地協定を締結しました

更新日:2019年6月14日

ここから本文です。

株式会社エー・ジェー・シーは鹿児島市と立地協定を締結しました

エー・ジェー・シー
※有馬昭人代表取締役社長(右),森博幸市長(中央)

 

式会社エー・ジェー・シーは、平成7年5月に肝付町(旧高山町)にて建設関連会社として設立し、その後ソフトウェア業に移行。平成24年10月に事業拡大のため本社を鹿屋市に移し、南九州をはじめ熊本、福岡など九州を中心に業務を展開しており、主に大手製造業向け工場系システムの開発保守、大手美容業向けクラウド系POSシステム(※1)の開発保守、自治体向け自社パッケージ製品の販売保守など、幅広い分野においてお客様の視点に立ったソフトウェアの開発、提供を行っています。
た、近年は、ホテル向け管理システムを自社で開発し、県内各地で導入されているほか、スマートフォン等向けAR(※2)アプリの開発に注力し、ぐりぶー(かごしまPRキャラクター)や地域情報誌等のARアプリ開発の実績があります。
回の新事業所の設置は、現在、九州内でARアプリの製品化を行っている企業は皆無であり、今後もAR技術の普及に伴い需要増が見込めることから、人材の確保・育成を行いながらARアプリ製品など自社製品の開発・拡販に取り組んでいくために計画されたものであり、鹿児島市への立地は、交通の利便性が高いこと、大学・専門学校があることから人材を確保しやすいこと、IT企業の受け入れ施設が充実していること等に着目し決定されたものです。
これにより、地域における雇用の創出、活性化はもとより、地域経済の浮揚発展に大きく貢献するものと期待されます。

※1:POSシステム(Point of sale system)
販売時点情報管理。店舗で商品を販売するごとに商品の販売情報を記録し、集計結果を在庫管理やマーケティング材料として用いるシステムのこと。
※2:AR(Augmented Reality)
拡張現実。現実にはその場にないものについて、アプリを通して現実以上の情報を提供する技術。

立地協定日

平成26年7月3日(木曜日)

株式会社エー・ジェー・シー(外部サイトへリンク)の概要

(1)所在地
・本社………・鹿児島県鹿屋市大手町2-17鏡堂ビル2F
・宮崎支社…・宮崎県宮崎市恒久南1丁目9-13日建ビル3F
(2)設立………平成7年5月
(3)代表者……代表取締役社長有馬昭人(ありまあきと)
(4)資本金……1,000万円
(5)年商………2億円(平成26年4月期)
(6)従業員数…27人(平成26年3月末現在)
(7)事業内容…ARシステムの開発、自社開発パッケージの販売、ソフトウェア開発の請負、システム運用保守、サーバの運用保守

新設事業所の概要

(1)事業所名………株式会社エー・ジェー・シー鹿児島支社
(2)所在地…………鹿児島県鹿児島市名山町9番15号ソフトプラザかごしま403号
(3)面積……………57.09平方メートル(17.3坪)
(4)操業開始………平成26年9月
(5)総投資額………1,000万円
(6)新規雇用者数…5人(1年目)、20人(5年目)
(7)売上高…………1億5,000万円(5年目)
(8)事業内容………自社製品の開発及び販売(AR製品群・ホテルシステム・トレーサビリティシステムの開発・保守等)

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?