ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成29年度 > 有限会社サンワ技研は霧島市と立地協定を締結しました

更新日:2017年9月7日

ここから本文です。

有限会社サンワ技研は霧島市と立地協定を締結しました

サンワ技研

有限会社サンワ技研富窪社長(中央左)、前田霧島市長(中央右)、池田霧島市議会議長(右)

 

限会社サンワ技研は、平成7年に平面研削の請負加工を行うため、曽於市(旧:曽於郡末吉町)において、現社長により個人創業を開始。事業拡大に伴い10年後の平成17年には法人を設立。創業以来、卓越した技術力を基礎に金型部品の超精密加工を中心に、平面研削のみならず放電ワイヤーカット加工、マシニングセンター加工、黒染め表面処理を取り入れ、一貫生産体制を確立してきました。
に、難削材の複合加工は得意分野で、ダイス鋼や超硬材、非磁性金属の成型を行うことで技術力の向上を図り、さらに近年では、その技術の確立から自動車の電装部品関連メーカーから高い評価を受け、業務提携によりシェアを図っています。
回の工場建設は、円筒研削盤を導入し、冷間鍛造(※)金型の部品を請負加工するために計画されたものであり、円筒研削加工を自ら手掛けることで、従来から取引のある企業との連携強化や新規顧客の開拓のほか、事業の安定化と経営の強化を目指すものです。
お、霧島市が県内の中央部に位置し、交通の利便性も良いこと、それにより人員の確保と新規の需要も期待できることから同市に建設を決定されたものです。
れにより、地域経済の浮揚発展並びに霧島市の工業振興に大きく寄与するものと期待されます。

(※)冷間鍛造:金属を金型により塑性加工する加工法を「鍛造」といい、「冷間鍛造」とは熱を加えず、常温で加工する方法。

立地協定日

成29年8月30日(水曜日)

有限会社サンワ技研の概要(外部サイトへリンク)

(1)所在地:鹿児島県曽於市末吉町深川1400-1
(2)設:平成17年6月
(3)代表者:代表取締役
(4)資本金:300万円
(5)年:約1億2,000万円(平成29年5月期)
(6)従業員数:8名(平成29年8月現在)
(7)事業内容:精密部品、金型部品製造等

増設工場の概要

(1)工場名:有限会社サンワ技研島工場
(2)所在地:鹿児島県霧島市国分広瀬2128-4
(3)用地面積:1,058平方メートル
(4)建物面積:108平方メートル
(5)着工予定:平成29年9月
(6)操業予定:平成30年3月
(7)投資予定額:5,500万円(うち建物・機械設備等:4,900万円)
(8)新規雇用者:3名
(9)事業内容:円筒研削盤の請負加工等
(10)生産計画:年額約2,000万円(初年度)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?